薬剤師が語る患者とジェネリック医薬品の話

薬剤師が語る患者とジェネリック医薬品の話

前回、Drとジェネリック変更の悩ましい問題についてお話ししました。今回は患者さんとジェネリック変更の悩ましい問題、勃発したトラブルについてお話ししたいと思います。これもまた薬局あるあるの一つです。

最近の患者さんのジェネリックに対する理解度は、私が薬剤師を始めた10年前に比べると随分進歩したように感じています。ジェネリック変更の希望を確認するときに「ジェネリックってなに?」と聞かれる機会が減ってきたからです。医薬分業が進み、患者さんが薬局でジェネリックの希望を聞かれる機会が増え、その度に我々薬剤師が懇切丁寧に説明をした賜物ではないかと自負しています。もちろん医療テーマを取り上げるテレビ番組や週刊誌でも説明がされているでしょう。(まあこのマスコミ関係が出す情報にも腹立たしいものが本当に多いので、あまり褒めたくはないのですが。)国全体の医療費削減のためにはジェネリックの使用推進が必須で、そのために使用率を上げるための措置を2年に1回の医療制度改革で後発品に関して毎回何かしらの改定が行われているのでしょう。

でもそんな医療業界の向かう方向とは逆に、ジェネリックがどうしても嫌で先発品がいいという人もいます。こういう人たちの中にはとてもよく薬情を読んでいる方がいて、自宅に帰った後に薬情を読んでいたと思われる様子でお怒りの電話が入ってくることがあります。

「私は絶対にジェネリックにしてほしくないのに、このカロナール錠という薬は後発品ですって説明書に書いてあるんですけど!」といった具合に・・・。

こういうとき、どこまで情報を開示するかって難しいなと思います。今の薬情には規定により、処方されている薬が後発品かどうか、先発品の場合には在庫してある後発品があればその名前や薬価、後発品の在庫がなければ取り扱いなしといった記載をしないといけなくなったことを恨むときがあります。

薬剤師の方ならご存じかと思いますが、カロナール錠を含むアセトアミノフェン製剤には先発品がそもそも存在せず、すべて後発品なんですよね。だから薬情にも「この薬は後発品です。」と記載される。でもアセトアミノフェン製剤の中ではカロナールはどちらかというと先発品のような扱いを受けていて、カロナールが後発品と知らない薬剤師も時々いるくらいです。なのでこういう主張をされる患者さんにはそれを説明しないといけないのですが、投薬のときにそこまで説明するかどうかはその時のその患者さんの雰囲気によるところもあったりで。わりと薬局に来る患者さんは急いでいてちゃんと話を聞いていない方もいるので、必要最低限のことだけ説明するのか、少し突っ込んで説明するかはその方の性格やその時の受け答えの雰囲気によって変わります。こういうところが薬剤師のコミュニケーション能力の見せ所だと思っていますが、なかなか難しいんですよね。説明できるときにはなるべく説明しています。

他にもジェネリック変更に関して、薬剤師が積極的に変更したくないものに、湿布があります。湿布は使用感があからさまに変わってしまうことがしばしばあるからです。これも薬剤交付後にしばしば患者さんとトラブルになるケースがあります。

よくある主張がこれです。

「今までモーラステープを使っていたが、ジェネリックに変えたらすぐはがれるようになった。前のに戻してほしい。」(あんまりこんなこと言われると薬剤師紹介会社でまた転職したくなりますねww)

調剤後の返品、交換はできないことをあらかじめ変更前に伝えていても、この主張をしてくる患者さんがいます。整形外科門前で働いていたら1年に1回は出会うんじゃないでしょうか。 これ、本当に本当に困るんですよね。ちゃんと説明したでしょ?って言っても「薬なんだからこんなんじゃ困るから戻してくれ!」と強く言われたら、薬剤師としては戻すしかなくなってしまいます。先生にもう一度処方箋出してもらうわけにもいかないので。患者さんの主張を通すことになれば、お渡しした薬はすべて回収して廃棄にしてしまうので、薬局としては損益しかないんですよね。

パップ剤なんかはモーラスパップとジェネリックとでは、膏体やライナーの質感自体があからさまに違うものがあるので、サンプル品を用意してどちらがいいか選んでもらうようにしています。大概先発品になります。ジェネリックメーカーも湿布を発売するなら、もう少し頑張ってましな湿布を作ってほしいなと思います。ただ成分量が同じであればいいだけではないので。使用感も先発品に近づけるか、先発品を超えてほしいと思います。それくらいの切磋琢磨はしてほしい。でないといつまで経っても湿布はジェネリックを使えません。

一方で最近ジェネリックのほうがバラエティ豊かで病院の職員さんがあえてその薬を先生にお願いして処方してもらっているケースがあります。 それが、一般名・ヘパリン類似物質外用液です。先発品だとヒルドイドローション、後発品だとビーソフテンローションやヘパリン類似物質外用スプレー、ヘパリン類似物質外用泡状スプレーのことです。ヒルドイドローションは白い乳液状の液体ですが、後発品は澄明な液体です。普通のローション以外にもスプレータイプがあり、一般名処方であれば、患者さんに選んでもらえます。泡状スプレーが出たときは、こぞって泡状スプレーが出ました。今は乾燥がひどい時期なのでどちらかというとローションよりソフト軟膏がトレンドなので処方は下火になっていますが、皮膚科のDrもあえてジェネリックを薦めることがあるくらいなので、湿布を作っているメーカーもこれくらい頑張ってもらいたいところですね。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.