調剤薬局の薬剤師の研修内容

調剤薬局の薬剤師の研修内容

薬剤師が最も多く働く職場は調剤薬局ですが、病院の薬剤師もそこそこいます。カルテを読んで実際に患者さんと触れる仕事をしたいとう志を持っている人達が病院薬剤師を志します。しかし病院で働く薬剤師は、調剤薬局で働く薬剤師よりも一般的にはかなり多くの仕事があって、大変だと言われています。患者さんへの服薬指導の他にも多岐に渡って仕事があり、働く病院によっては当直や夜勤もあることもあるので、病院で働く薬剤師を目指すにはそれなりの覚悟がなくてはいけないことになるのです。なので病院よりも調剤薬局を目指す薬剤師の方が多いのかもしれません。

そんな調剤薬局の薬剤師の研修内容について今日はまとめてみます。薬剤師は患者に対して安全で適切な薬を提供する必要があります。それは調剤薬局でももちろんそうです。薬剤師として働く際にはいきなり働き始めるという事ではなくまずは「研修」から始める事になります。薬剤師の研修には調剤薬局によって異なる事でしょうが、大まかにはほとんどする事は変わらないかもしれません。まず必ずする事になる事としては「調剤」に関する実務、薬学についての勉強、さまざまな施設で行なう実務などはほとんどの場合するのではないでしょうか。そして薬剤師とは言え患者と接する可能性もありますので、対人関係のトレーニングも欠かせない事でしょう。

またどんな病院の門前薬局かも研修の内容にかかわってくるでしょう。専門の診療科に隣接している場合には、扱う薬の数も必然的に決まってきますのでその限られた薬に関してしっかりと知識を深めることになります。総合病院など多くの診療科のある病院に隣接している調剤薬局であれば、取り扱う薬の量も多く薬お知識も増していくことになるので、広く薬の勉強が必要かもしれません。

このような入社後の研修の話も薬剤師紹介会社にヒアリングをすれば色々と教えてくれるのでオススメです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.