登録販売者の男女比と働き方の特徴

登録販売者の男女比と働き方の特徴

女性の割合が多くなっている登録販売者
登録販売者として働かれている方は男女共に全国数多くいらっしゃいますが、若干女性の割合が高くなっているのが現状となっています。理由として全国的に正社員からの離職率が高いことが挙げられ、他企業で働いた後、結婚や出産などを機に退職、後に再度登録販売者として仕事を開始されるケースが多く考えられます。逆に男性においては正社員として働かれているケースが圧倒的に多く、転職の可能性はあっても、資格取得をする時間がないなどで、登録販売者への転職を諦められるケースも多々。男女別の就業状況の違いからも登録販売者の男女比率は確かに影響を受けています。

正社員かアルバイトか、男女比率の大きな違い
登録販売者の求人数は圧倒的にパートタイム制の方が多く、残りの正社員求人にはほぼ男性が集まるという傾向があります。アルバイトであれば、男性よりも女性の方が多く、学生から年配の方まで数多く勤務されています。登録販売者としての転職を考えられる方の数が男女比5対5であったとしても、男性ならばアルバイトという勤務状況を良しとしないケースも多く、逆に「正社員はちょっとハードルが高い」と感じられる女性も大勢いらっしゃいます。これらのことを考慮すると、全体の求人がパートタイム優勢となっている現状上、女性の割合が高くなってしまう結果になってしまうのです。

より自由な働き方を求める方が多い登録販売者
パートタイムは女性の方が多い傾向にはありますが、同時に多数の男性登録販売者も数多く勤務しています。パートタイムと聞くとどうしても安定しないようなイメージを抱く方が多いですが、比較的高収入で需要の高い登録販売者のアルバイトは安定している職業として考えられています。収入を自分でコントロールすることもでき、なおかつ空いた時間で副業や家事などをすることができるので、自由な働き方をしたい人には大変オススメの仕事。今後さらなる資格取得を考えて転職を目指すこともできますし、ある意味融通の利く仕事とも言えます。女性、男性に関係なく会社や仕事に縛られない生活を送りたいという人は現在大変多く、安定したアルバイトをしたいと考えている方には絶好の職種となっています。

男女ともに体力的に負担が少ない登録販売者
また登録販売者が男女共に人気のある職業であるのは、その仕事内容にも起因しています。雇用形態はさておき、ドラッグストアや大型量販店での登録販売者の業務は、力仕事などもほとんどなく体力に自信がない方でも安心して就業できるようになっています。正社員として働く場合、企業によって拘束時間が長くなる場合もありますが、それでも勤務内容における体力消耗が少ないことから離職率は低いのが現状。また登録販売者にはダブルワークをされている方が多くなっていますが、そのようにダブルワークが可能なのも体力的消耗が少なく、掛け持ちをする体力が温存できるということが理由に挙げられます。幅広い年齢層が実際現場で活躍されていることから見ても、将来的に長く続けられる魅力的な職業となっています。

登録販売者の求人は薬剤師紹介会社などにも多少取り扱いがあるので併せてご参考下さい。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.