薬剤師求人を福岡・熊本で探す場合のお話

薬剤師求人を福岡で探す場合のお話

福岡県は、薬剤師人口が比較的多い県です。平成24年12月の調査では、人口10万人に対する薬剤師数が180人前後となっており、全国的に見た場合比較的多めと言えるでしょう。福岡県の病院薬剤師の求人は、九州地方を代表する大都市であることもあってか、非常に多いと言えます。そのため、休日が多め、残業少なめなど、オンとオフのバランスを考えた転職先を探している人にとっては良い状況のようです。では、今注目されている病院薬剤師の求人のいくつかを紹介してみましょう。

(例1)社会保険大牟田天領病院では、正社員として働ける薬剤師を募集しています。未経験者や新卒も歓迎してくれていますので、経験が少ない事を心配している人にも安心です。また、給与については国家公務員の給与を定めた俸給表が適用されています。さらに、年間休日は120日、24時間対応の託児所、借り上げ社宅制度や独身寮、そして退職金制度など、多くの嬉しい待遇が揃っています。
(例2)医療法人みなみ粕屋南病院では、正社員とパート社員の募集を行っています。教育制度が充実しているため、新卒や調剤未経験でも応募することができ、1から学べる環境を整えているとして人気です。また、正直、駅からは距離があるため徒歩による通勤は非常に困難を極めますが、その代わり、駅から職員用の無料送迎バスが出ているなど、通勤への配慮も怠りません。もちろん、車通勤も可能なので、通勤に困っているという職員はいないようです。
(例3)医療法人成康会堤小倉病院は、正社員とパート社員の募集を行っています。駅からとても近く、徒歩で5分もかかりません。それなのに車通勤も可能になっているので、今、非常に注目されています。また、パートの場合は週3日から相談でき、扶養範囲内の勤務も可能です。精神科という専門領域で薬剤師としての力量を発揮したい人には向いているでしょう。

この他にも、福岡県内にはたくさんの病院薬剤師の求人がありますので、きっと希望通りの転職先が見つかる事でしょう。

福岡県の薬局薬剤師の求人件数も、病院薬剤師の求人同様に非常に多いと言える状況のようです。では、さまざまな条件ごとに人気の求人を見ていきましょう。

(例1)日本調剤株式会社は、土日休みの薬局も多く、家庭との両立がしやすいと人気です。さらに、教育制度が充実している事やスキルアップが可能なことも、多くの薬剤師に喜ばれているようです。
(例2)セイコーメディカルブレーン株式会社は、高収入が期待できるとして注目されている薬局です。薬剤師手当のほか、役職手当、地域手当など手当だけをトータルしても10万円以上になる場合がほとんどなので、高年収が実現できそうです。
(例3)JR九州ドラッグイレブン株式会社は、ドラッグストア併設の薬局として九州地区では有名ですが、転居しなければならないような転勤はしなくて済むため、既婚の薬剤師から喜ばれています。独身でも、事情によって転勤はしたくない場合がありますが、そんな「転勤は嫌」という人たちには最適です。

このように、福岡県の薬局薬剤師の求人には、転勤は嫌、高収入が希望、土日休みがいい、などワガママな希望を満たしてくれるものが本当にたくさんあります。

福岡県内の、病院・薬局以外の求人は、それらと比べると少ない印象があります。もともと薬剤師の活躍の場としての比率が病院や薬局と比べると低い事も背景にありますが、それでも少なめの印象がぬぐいきれません。とはいえ、実際には非公開として求人を出している企業も多い事から、潜在的な求人数はもう少し多いと見て良いかもしれません。では、わずかに公開されている求人の中から目立ったものを紹介してみます。

(例1)株式会社クリニカルサポートでは、治験コーディネーターの募集を行っています。未経験者も可として募集していますので、薬剤師資格を生かして新しい分野に挑戦したい人にはお勧めです。
(例2)株式会社綜合臨床サイエンスも、治験コーディネーターの募集を行っています。残業は月10時間以下、未経験者可など、これから治験に挑戦してみたいけれど不安がある…という人にはお勧めです。

このように、治験関連の募集が比較的多く目にとまりますが、他にも薬剤師としての経験を活かせる求人は色々あるようです。求人が気になる方は薬剤師紹介会社に登録しましょう。

薬剤師求人を熊本で探す場合のお話

熊本県は、全国的に見ても薬剤師数が少なめの県で、平成24年12月の調査では人口10万人あたりの薬剤師数は150前後となっています。男女比でいえば6:4でやや女性の方が多くなっていますが、男性の比率も上がってきているという現状があるようです。熊本県の病院薬剤師の求人件数は、比較的多いと言えそうです。全国的に見た薬剤師数が低い事から、求人数も少なめなのでは?と思いがちですが、圧倒的に薬剤師が不足している状況を表していたのかもしれません。では、そんな中からいくつかの求人を紹介していきます。

(例1)医療法人社団大徳会大阿蘇病院は、正社員の薬剤師を募集しています。入院設備も整った大病院ですが、薬剤師の勤務は日勤のみで、土曜日の勤務は月2回の半日となっています。また、自己負担金なしの借り上げ社宅制度や無料駐車場完備など、他府県からの転勤にも対応できる高待遇です。
(例2)医療法人熊南会南熊本病院では、パート社員として働ける薬剤師を募集しています。病院内における薬剤師業務全般が業務内容ですが、勤務日数も勤務時間も相談に応じてくれますので、家庭をメインに考えた働き方が可能です。しかも、パート勤務でも昇給・賞与があるという高待遇は見逃せないでしょう。

この他にも、未経験可、土日休み可、新卒可、託児所有など、家庭や育児との両立が問題なく行えるよう配慮の行き届いた待遇を用意しているところがたくさんあります。(※平成27年1月現在)

熊本県の薬局薬剤師の求人は、病院薬剤師の求人同様にやはり多いと言えます。では、そんな中からいくつかの求人を紹介してみます。 (例1)株式会社アガペは、薬剤師の配置人数を増やすことで一人一人の負担を軽減し、ゆったり働ける環境づくりに尽力しています。また、教育・研修制度を充実させたり、有給消化率80%を目指した試み、各種イベントの開催など福利厚生が注目されています。
(例2)株式会社下川薬局では、正社員とパートの両方を募集しています。ドラッグストアの経営も行っており、教育・研修制度もしっかり整っている事から、新卒薬剤師を採用した実績もあります。
(例3)株式会社健康共同ファルマは、薬局薬剤師としての勤務をしながら病院薬剤師の勉強ができるとして人気があります。熊本県内の民医連加盟をしている薬局ですので、病院での研修等が盛んに行われており、スキルアップを目指したい人には最適です。

このように、働く環境、働き方、目指すものなど一人一人の希望にマッチした求人が豊富にあります。

熊本県内の、病院・薬局以外の求人件数は、非公開とされているものの方が多く、見つけにくい状況のようです。では、公開されている求人からいくつかピックアップしてみます。
(例)株式会社クリニカルサポートは、治験コーディネーターを募集しています。完全週休二日制で研修制度も整っているので、薬剤師資格やこれまでの経験を生かして、一般会社員風に、そして新たなフィールドで活躍したい人にはお勧めです。

この他にも、企業勤務の管理薬剤師、転勤なし、休日多めなどさまざまな条件が魅力の求人が見つかります。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.