薬剤師の悩みで多いものを考察した

人間関係

転職を希望する薬剤師は多いですが、その理由で上位に来ることも多いのが人間関係の問題です。薬剤師紹介会社などへの相談での悩みの上位に入ります。「職場が忙しくて雰囲気がぎすぎすしている」「同僚とどうもそりが合わない」「威圧的な上司がいてうんざりしている」といった理由はしばしば聞かれます。もし人間関係が理由で転職を検討している薬剤師がいれば、少し考え直した方が良いかもしれません。というのも薬剤師の傾向として、人間関係を理由に転職した人は、また同じ人間関係を理由に再度離職してしまうからです。転職回数が多くなると、「この薬剤師は定着しない」と思われ、採用されにくくなります。自分で自分の転職の芽をつぶしているようなものです。

人間関係に悩んで転職を検討している人は、職場に対する見方を少し変えてみましょう。就職するにあたって、求人情報を吟味し、面接や就業前の交渉を行って、納得したうえで入職したはずです。そこでまずどうしてその職場で仕事しようと思ったのか、今一度その理由を思い直してみましょう。また人間関係に嫌気がさしているといっても、全くの孤立無援という人は多くないはずです。困ったことがあれば相談できるような人が職場にいませんか?いざという時に味方になってくれそうな人はいませんか?そのような人がいれば、普段から積極的にコンタクトをとることで、自分の居心地の良い空間を作る努力をしましょう。

いやな先輩・同僚がいるということで、離職を希望する薬剤師も多いです。このような薬剤師を見ると、ただ相手が変わってくれることを期待しているだけというケースも少なくありません。しかし相手が変わるのではなく、自分が変わることでもしかすると今までとは違った人間関係を構築できるかもしれません。例えばいやな先輩・同僚と意見が衝突してしまったら、相手の意見にしっかりと耳を傾けましょう。そうすれば相手の意見にももっともな所があったり、自分の間違いに気付かされたりするかもしれません。こちらも意見することで、相手に自分の考え方を理解させることも可能です。このように話し合いを持つことで、今までとは違った印象を相手に持てるかもしれません。相手も自分のことを理解して、今までとは違った人間関係が生まれる可能性は十分あります。

いろいろと努力してみたけれども、それでも改善が見られないケースもあるでしょう。その場合は一部署の変更や店舗を変えてもらうといった対処をまずは検討すべきです。薬剤師のキャリアにとって、コロコロ転職するのはマイナスであることを理解しましょう。

通勤時間

薬剤師が就職・転職先を見つけるにあたって重視すべきは、通勤時間です。通勤時間が長くなると、移動しているだけでも体力を消耗してしまいますし、それだけ朝自宅を出る時間が早く、夜帰ってくる時間も遅くなるため、プライベートの時間が短くなります。特に薬剤師の場合、女性の割合も多く結婚している場合、家事や育児との両立も考えないといけません。このため、できることなら通勤時間の短い所で勤務したいと考えるでしょう。

薬剤師にアンケートをとったデータがあるのですが、希望する通勤時間は片道1時間以内が理想となるようです。究極の希望は片道30分未満で勤務先を見つけることになります。片道1時間を超えてくると、1日2日だと何とかなるかもしれません。しかし毎日となると、かなり大変です。例えば片道1時間半となると往復するだけで3時間1週間5日勤務になると、1週間のうち15時間も移動のために時間を費やすことになります。かなりもったいない時間の使い方です。

薬剤師が就職先を見つけるのなら、まずは近場で探すことが大事です。また自宅から歩いて行けるような所の他にも、電車通勤をすれば行動範囲が広がることも頭に入れておくべきです。電車を利用すれば、歩いて通うよりも短時間でアクセスできるケースもあります。都市部では駅から歩いてすぐに薬局やドラッグストアのあるケースもあります。電車の路線をイメージして、少し範囲を広げて求人情報をチェックするのもおススメです。

マイカー通勤できる募集がないかも確認しましょう。電車通勤の場合、自宅から最寄り駅、最寄駅から職場まで多少歩かないといけません。これが大変と感じる薬剤師もいるでしょう。マイカー通勤であれば、ドアトゥードアではありませんが、ほとんど歩くことなく移動できます。薬剤師の求人を見てみると、マイカー通勤を認めている案件は多いです。特に地方の薬剤師募集で顕著ですから、チェックしてみましょう。

電車通勤をする場合、電車の中での過ごし方もポイントです。座って移動できるのであれば、眠って少しでも体力の回復に充てると良いでしょう。しかしラッシュアワーなど、満員電車に揺られ、座れないケースも特に朝出勤するときには多いはずです。その場合、例えば勉強のために使ってみるのはいかがですか?移動時間を勉強に充て、薬剤師としてのスキルアップをしてみる、他のスキルを獲得すれば、将来に向けてレベルアップすることも可能でしょう。

メンタル面の落ち込み

薬剤師という仕事は、調剤、服薬指導、管理、集約等が考えられますが、いずれにしても、人の命を左右する薬を扱う、薬の専門家という立場ですから、患者さん、国民における健康を促す立場であります。

そんな薬剤師は、やはり薬剤師自身も健康である事が大切ですが、中には、『うつ症状』を発症してしまう方もおります。 なぜ?薬剤師さんが、うつ症状を発病してしまうのか?

その理由は、様々ですが、ひとつに患者とのコミュニケーション能力の低さにより患者との関係が悪化してしまい、罵声を浴びせられてしまう薬剤師も存在します。 また医師からの指摘による精神的ダメージ等、薬剤師を取り巻く環境には、やはりストレスを抱える要因が秘められている事は確かです。

この2つの問題には、薬剤師としてのコミュニケーション能力が重要であり、尚且つ医師が患者のための薬をきちんと飲むように促す等のマネジメント能力が必要となります。 いずれにしても、これらの能力が欠落している場合は、それらの問題における対処ができず、精神的に病んでしまい、うつ症状を起こす、という薬剤師さんもおります。

しかし、原因は、この薬剤師のおける能力の欠落だけでなく、やはり医師であるとか、患者さん、また薬剤師を取り巻く環境による場合もあります。 例えば、意味なく患者が、薬剤師を怒鳴りつけるという事も珍しくなく、きちんと服薬指導を聞かずに、勝手に文句だけをいい、医師にも薬剤師が責められるという状況も少なくありません。

更にお薬をつくる調剤室は当然密室となりますから、その密室におけるストレスが原因により、うつ症状を起こす薬剤師さんもおられます。 中には、ネットによる何らかの記事で、薬剤師批判が多発した時に、心が病んでしまうという薬剤師さんも実際おられます。

つまり薬剤師さんが、うつ症状にかかる事は事実で、うつ症状を実際病んでいる方もおられますが、その原因は、その勤務先により異なりますが、誹謗、中傷から、患者さんによる罵声等、色々な要因が隠されているようです。 しかし、薬剤師は、薬を扱い、また医療チームの一員として薬物治療におけるあらゆるサポートを行っていき、患者における病気が薬物治療により円滑に効果的に進められる事を目的として、存在していますので、薬剤師という存在は健康でなければいけません。

もちろん、薬剤師も人間ですから、心が病む時もあると考えますが、そこをうまく解消できるようにする事も大切で、同じ職場ではうつになりそう、という場合は、迷わず、新たな職場での薬剤師としての活躍を検討すべきです。

夜勤

薬剤師さんが働く場所には、病院をはじめとして様々な場所が考えられますが、薬剤師さんの中には、やはり収入面を考えて、夜も働きたいという方もおられるのではないでしょうか。 そんな場合は、夜勤による薬剤師として働くこともできます。 ですが、その場合、管理薬剤師における兼業は可能ではないため、それ以外の薬剤師さんなら夜、昼薬剤師として働く事も可能です。

夜勤勤務の薬剤師を募集する就業場所と言えば、病院をはじめ、薬局等でも見かけられます。 もちろん薬局といえども個人で経営するというものでなく、病院と併設されている薬局の場合は、夜間救急や休日における診療も行うため、夜勤勤務できる薬剤師が必要となります。

そのため、夜勤勤務専門に働かれている薬剤師さんも多く、中には、夜と昼両方の業務を行うという薬剤師さんもおりますが、やはりやりがいが大きい仕事だけに、多少ハードな業務もきちんとこなせるというのが薬剤師という仕事とも言えそうです。 主に、夜勤をする薬剤師の業務は、薬歴管理から、調剤業務、服薬指導、在庫管理などがあげられます。

中には、夜勤業務をする傍ら勉強会を開催する病院等も存在し、薬における薬剤師の資質が高められるような工夫を行い病院もありますから、夜勤薬剤師として働きながら、時には、薬剤師のスキル、資質を高めるためにもこのような勉強会を開く病院に勤務される事も、薬剤師としての成長、知識につながる事も考えられます。

主に夜の薬剤師の仕事は、夜の引き継ぎ、ミーティングからはじまり、昼間同様に薬剤師業務に従事することとなり、病院等では、24時間体制で薬剤師も医療における業務、薬剤における業務に従事することとなります。

夜勤を行う病院等は、色々とありますが、やはり薬剤師の質を高める働きを行う病院等への就職が、例え夜勤だけの仕事であっても、その後の可能性を広げることにもつながると思います。 こうした、夜勤の薬剤師業務を行いたいという方は、やはり薬剤師の転職を専門に扱う、エムスリーキャリアのような支援サービスがお勧めです。

何より、こうした場所における求人は、知られざる好条件の求人が多く、尚且つ薬剤師の転職における専門家のサポートを受けられる事から、質のよい求人情報を入手でき、尚且つ成功の就職へと導く事が可能です。 夜勤業務なら、どこも同じと考えがちな、薬剤師の夜勤業務ですが、やはり条件のよい就業場所は、きちんとした調査をしてこそ、得られるもので、そのためには、転職支援を行う場所でのお仕事探しがお勧めです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.