薬剤師が外資系企業へ行くための心構え

薬剤師が外資系企業へ行くための心構え

外資系の企業、そして製薬会社は比較的、年収が多いことでよく知られています。食品メーカー、化学品メーカーや化粧品メーカーとしても、その研究室には薬剤師が必要です。また当然薬学の知識を活かすことができ、日本語を話すことができるローカルの人員は、外資系企業の業績を伸ばす上で欠かせないものとなっています。薬剤師紹介会社にも求人が出ることもあります。

外資系の会社がかなり日本に入ってきていること、また当然のことながら外資系の製薬会社は、潤沢な資金をバックに、新薬の開発なども積極的に行なっていますので、そういう意味では国内製薬会社よりもその活動はかなり活発になってきているのです。

外資系の場合は、常に優秀な人員を募集していますし、また職歴があって即戦力になるような人を積極的に採用しようとしています。また英語力もそう高いレベルを求めることなく、求人しているポジションに対してしっかりとした経験があれば、問題なく採用される場合が多いでしょう。TOEICなどの点数も、やはり目安となるでしょう。

但し、外資系企業などは即戦力、いままでの職歴が大事とされるだけあって、すぐに仕事になじみ、それなりに成果を出していかないといけませんから、まずは臨機応変に職場に溶け込むこと、また新しい環境にすぐに慣れることができる人がいいでしょう。

また、外資系企業の場合は、やはり役職についている人、そういったポジションを占めるのは外国人であることが多いので、コミュニケーションスキルを磨いておいて、十分アピールするといいのではないでしょうか。

薬剤師の就職、転職において、好待遇を考えるなら、専門ごとに違うかもしれませんが、可能性として外資系企業への転職を考えておきましょう。働き方、職場環境など、外資系企業のほうがあっている人も多いでしょうし、会社の雰囲気が日本企業よりあっている場合もあると思います。また業界の再編により、これから外資と合併なども考えられるので、英語なしでやっていくのはなかなか難しい時代になるかもしれませんね。製薬会社、医薬品卸会社の再編やM&Aが盛んになるなかで、これからの将来を見据えて、しっかりとキャリアを築きましょう。そして仕事の中で、薬剤師の資格を当然ながら磨くことができ、知識、経験ともに豊富になれば、いうことはないでしょう。薬剤師としての経験、そしていつでも転職できるだけの実力をもち、転職市場にいつでもでていけるような人材を目指してみてはいかがでしょうか。仕事をしていても、その毎日の仕事がスキルアップに、経験になっていることを忘れないようにしてください。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.