薬剤師が治験業界で働く時に知っておくべきこと

薬剤師と治験との関わり

治験における基準が改正され、治験の信頼性を確保するための基準が、欧米並みに引き上げられた事から、日本における治験の質も著しく向上されました。 また、この状況に大きく関わり、重要な役目を担うのが、CRCであり、CRCなくしては、治験自体を円滑に進める事も出来ないとまでいわれています。

要するに治験の支援なしでは、質の高い治験を行う事ができず、円滑に実施する事も不可能であるとも言われています。 つまり、治験におけるCRC、いわゆる治験コーディネーターの存在は絶対で、その存在があるからこそ、質の高い治験が行える、ということです。

しかしながら、治験の質の高さを追求する結果、手間のかかる作業が極端に増えた結果となり、治験離れの現状に至っています。 その結果、治験の件数は今では減少しているということ。 またそのために、厚生労働省による、治験ネットワークの推進、治験実施体制の充実等を行い治験における環境の充実を図っており、その成果は徐々に回復している、という状況です。

そんな治験における薬剤師の役割とは、治験を円滑に実施するためには、CRCの存在はセ絶対であり、必要不可欠な存在ですから、そこから求められる役割とは、論理性を含め、科学性、高質性を求められるという事になります。

治験にとっての薬剤師とは、まさに治験が円滑に実施するための鍵ともなる重要な役割を持つ存在という事になり、治験における治験実施計画書等の遵守、安全性をしっかりと確認し、論理性を確保しながら治験実施におけるサポートをすることが役割となります。 要するに、治験で働く薬剤師とは、まさにキーマン、キーパーソン的な役割を背負う存在となり、尚且つその能力には、コミュニケーション能力をはじめとして、コンディネーション能力から、リスクマネジメント能力というような多岐にわたる能力が必要とされ、尚且つその役目も大きいものといえるのです。

治験自体、医師を含め看護師らとその職業も多岐にわたり、それぞれがそれぞれの専門的知識を活かすべき場所であり、知識だけでなく、もちろん、その能力を活かすべき場所でもありますが、薬剤師は、CRCとして、薬の専門家、いわゆる薬のスペシャリストとしての役割を果たしつつ、安全性や論理性を確保する。

そんな治験実施にあたり必要である、被験者は、多くが併用薬を服用している事が多く、そうした場合の相互作用のチェックから被験者による薬の相談等に対して、薬剤師という専門性を発揮することも治験における薬剤師の重要な任務であるのです。

薬剤師のCRO勤務の実情

CROとは「医薬品開発業務受託機関」のことです。具体的には製薬会社が実施する治験を支援する仕事です。数多くの薬が開発されていますが、それを患者さんが安全に使用するには十分な臨床試験が必要になります。臨床試験の最後の段階では、普通の病院と一般の患者さんが参加します。CROは製薬会社と病院、患者さんの間に立って3者のコミュニケーションがスムーズに行われるように努力します。主な仕事にはモニタリング業務やデーターマネージメント業務、統計解析業務があります。

モニタリング業務は治験がスムーズに進行しているか調べる仕事です。全国の病院をまわるので出張の多い仕事になります。データーマネージメント業務は治験で得られたデーターを管理する仕事です。統計解析業務は治験で得られたデーターを分析して、薬の効果や効能を判断します。薬の知識に加えて、コミュニケーションスキルが必要とされる仕事です。薬剤師本来の仕事である調剤や投薬はまったく行いません。薬剤師としてのキャリアを充実させる仕事とは言い難い面があります。しかしニーズが高まっている仕事であり、勤務条件も悪くありません。唯一大変なのは出張ですが、それを除くと勤務時間も規則的で普通の薬剤師にくらべて休みも多いです。経験のない方でも応募できる会社があります。年収は400万から800万円程度です。CROとして一定の成果を上げることができたら、普通の薬剤師より多くの年収を手にすることができるのです。

CRO勤務の仕事を探す時は専門の薬剤師紹介会社が便利です。実際に転職サイトにはこのタイプの仕事の求人が非常に多く集まっているので、ご自分に合ったものを選び出すことが可能です。1000件を超える求人が集まっている紹介会社もあります。年収や勤務時間、休日日数といったこだわりの条件で探せるメリットもあります。

薬剤師紹介会社を利用するメリットは他にもたくさんあります。CROは薬剤師の方には馴染みのないものなので、転職の際は不安を感じる方がいらっしゃるかもしれません。しかし薬剤師紹介会社を使うと転職を希望する会社の人間関係や雰囲気、経営状態といったものをあらかじめ詳しく知ってから転職できるので、不安感を小さくできます。年収や勤務時間の交渉などもキャリアコンサルタントを通して可能になります。特に年収のことは自分からは言いにくいですが、コンサルタントがあなたの代わりにしっかり交渉して満足のいく転職が可能になります。マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師といった大手のサイトが特にお勧めです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.