薬剤師の仕事内容ややりがい

薬剤師の仕事内容

薬剤師の業務内容とは、個々の薬剤師における就業場所により異なります。

薬剤師の仕事ということでは、調剤、服薬指導、薬品管理、集約等があげられますが、就業場所により、その内容は、大まかな面では共通するものとなりますが、活躍の場により、異なる事も確かです。

例えば、病院薬剤師における業務内容は、医療の最先端での薬剤師業務という事ですから、チーム医療の一員として働くこととなります。 高度な医療・治療を院内外の患者さんへ提供する業務ということになります。

調剤薬局では、医師の処方に基づいた調剤を行い、患者さんに対する服薬指導、相談業務を行います。 更にドラッグストアなどでは、一般医薬品の販売を中心とする、地域の方々のセルフメディケーションを中心とする業務、ということになり、製薬会社による薬剤師の仕事は、研究であったり、開発であったり、新薬における業務に携わるというお仕事になります。

薬剤師とは、本来、調剤から服薬指導、薬品管理等、色々な業務が考えられ、活躍の場も広い職業と言えますが、その業務内容は、個々の薬剤師による就業場所により異なるという事なのです。

そんな活躍の場が広がる薬剤師の中で、病院薬剤師をしている、また病院内の薬剤科で勤務する薬剤師さんの業務とは、入院されている患者さん、もしくは外来患者さん、いずれの患者さんへの服薬指導を行う仕事をしています。 もちろん、薬における調剤も行いつつ、患者さんに対しての、患者それぞれの薬の効果等を説明し、副作用の点、注意点なども指導します。

病院薬剤師の仕事とは、このような入院患者、外来患者さんのための薬を調合する、説明する、指導するということだけでなく、医師が、間違った処方を作成していないか、例えば、患者さんの体重に合わない薬が処方されていないか、年齢に合わない薬を処方していないか等という点に関しても十分注意し、その内容をよく確認し調合していきますから、患者さんに必要な薬における安全性を高めることにおいてのあらゆる業務を行っている、というのが病院薬剤師の仕事となります。

こうした病院薬剤師の仕事の中で、時には、患者さんが、『〜のような薬、〜に効く薬がほしい』といわれる場合がありますが、実際薬剤師は薬を扱う重要な役割を担う仕事を行っておりますが、患者さんに対する薬を勝手に調合する、作るわけにはいかず、その場合は、速やかにその患者さんの意思をドクターへ伝える、というのも薬剤師の業務という事になります。

薬剤師のやりがい

薬剤師をしていく上でのやりがいとは、やはり「人のための仕事につながる職業である事」だと思います。 薬剤師紹介会社などでの薬剤師インタビューでもそういう記載があることもあります。 病院薬剤師、薬局薬剤師、どの場面で仕事をするにしても、患者さん対薬剤師という環境ですが、それにより患者さんのための薬をお渡しし、その思いが報われる時もありますし、残念ながらそうでない場合もありますが、その思いが報われた時、やはりこの仕事をしていてよかったと思え、その後の仕事へのやりがいへもつながると思います。

薬剤師におけるメリットは、やりがいを感じられる仕事である事。 また、人のためになる仕事である事ですから、薬剤師におけるやりがいとは、まさにここの薬剤師により環境や任務は異なるものの、医療に従事する身である事は変わらず、多くの人のためになる仕事をしている事こそが、やりがいにつながるのです。

薬剤師として、薬剤の専門的な知識がある。 これだけで、患者さん、またはお客さんへ、適切なお薬をお渡しできる。 また、何らかの薬の問題がある場合は、その問題における結論を出してあげる事も出来れば、相談に乗る事も出来る。

昨今、多くの方が薬を常備されている時代。 だからこそ、薬剤師による本当に薬剤における専門的な知識を持っている事は、患者さん、又は人々が、安心して薬を服用できることにもつながります。 こうした薬剤を安心して服用、または安全に服用できる事に貢献できている、貢献できるという事態、薬剤師にとっては大きなやりがいとなりえるのです。

薬剤師としてのやりがいは?と聞かれ、瞬時に多くの方のためになるからと答える薬剤師も多いのかは、不明ではあるものの、薬剤師のやりがいは、やはり人の役に立つ仕事ができている事だと思います。 ひとつ間違うと、患者さんを死に至らしめる事もある。 それが薬剤というもの。

それを常に確認し、最適であるかを見極め、調合していく。 また、医師によるミスはないか等を確認し、大事を防ぐ事ができるのも薬剤師。 こうした役割を持つ薬剤師の責任は重大で、労力が必要となる薬剤師だからこそ、やりがいもその分大きい職業であると感じられるのです。

薬剤師のやりがい、それはその責任の重さでもあり、その責任の重さがあるからこそ、やりがいを感じられる資格であり、職業であるといえるのです。 ハッキリ言えば、薬剤師の収入は、さほど高額なものでなく、サラリーマンとほぼ同等、もしくはそれ以下という場合もある職業ですが、人の命を救える事も出来るという重大な役目を担う仕事だからこそ、使命感も強く持ち、尚且つやりがいを常に持ち続けられるのです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.