薬剤師にまつわる「お金」の話

薬剤師にまつわる「お金」の話

薬剤師のける初任給は、各就業場所により、異なります。 例えば、病院なら初任給は20万円前後、また薬局、ドラッグストアの初任給なら20万円〜30万円となりますから、各就業場所により、薬剤師にまつわる「お金」の話は、異なる事となります。 また、病院の初任給は、○○万円と断定は出来ず、各病院により、その金額も多少異なりますから、病院といえども、病院により金額は違い、尚且つ薬局といえども、薬局経営者により、異なるという事になります。

おおよその薬剤師における初任給は、20万円〜30万円の間というのが一般です。 また、例えば初めて薬剤師となり働く場合に、最初はアルバイトという事で働かれる場合は、時給、およそ2000円前後となり、多い場合では4000円という時給の場所もある事から、アルバイトにしろ、正社員にしろ、自分の目的、希望に合う職場選びが重要となります。 多い場合では、初任給で30万円、低い場合で初任給20万円。

普通に考えて、同じ薬剤師の仕事をするなら、やはり高収入の方が魅力ですし、時給における差額も多いところと、低いところでは2000円近くの違いもある事から、やはりもちろん諸事情はあるにしても高収入の就業場所を選択すべきかと思います。 しかしながら、現実的に、薬剤師の6年制による移行が色々な悪影響を及ぼすという懸念の声もありますから、今後、薬剤師における給与、収入面は低くなる事も考えられますが、だからこそ、就職を考える場合は、将来性も含め、様々な比較部分をきちんと判断し、就職を決断すべき時でもあります。

今のところ、薬剤師が就職する上で、一番高額なのではと思えるのがドラッグストアによる薬剤師というお仕事です。 この場合、月給にしてもおよそ諸手当を含め30万円前後初任給で支給される事から、病院、薬局よりは比較的高額な就職先になる事は確かなようです。 しかし、製薬会社においても、キャリアを積めば、それなりの収入になると考えられるものの、製薬会社への就職は、厳しいのが現実となります。

ただ、転職や就職を機に転職支援サイトを利用される事で、医療業界に特化する、薬剤師専門の転職サービスなら、薬剤師の就職におけるノウハウを持つコンサルタントのサポートを受けられ、尚且つ履歴書作成、面接対策、交渉等、至るサポートを行い、就職の手助けをしていただけるものとなりますから、難しいと言われる病院薬剤師、製薬会社における就職も夢ではないと考えます。

自分のやりたい、薬剤師職を目指すなら、やはり、医療業界に特化する転職支援サービスを利用し、希望通りの就職を手に入れる事をお勧めいたします。

薬剤師の月給

薬剤師の月給は、一概に○○万円とは言えません。薬剤師紹介会社などではかなり高めにかかれることも多いですが・・・。

薬剤師という仕事を実際、行う薬剤師さんの証言によりますと、薬剤師の職業とは、年収はさほどいいものでないとのこと。 つまりこれは、一般的に考えると、低い金額ではないが、キャリアを重ねても年収が高くならないということで、サラリーマンをされている方ぐらいの収入であるという事は、確かなようです。

つまり薬局等で薬剤師が勤務する場合、その年収、収入における頭打ちをされることから、年収が年数に比例し、高まる事はないという事なのです。 ただし、このお話は、薬剤師がたくさん存在する中の一例ですから、確定するものではありませんし、実際600万円、700万円の収入を得る薬剤師さんもおられる事から、年収を考えて薬剤師職を検討する場合は、十分に比較して選択する事が大切だという事は確かです。

一般に薬剤師における月収は、20万円〜30万円程度が普通とされています。 例えば、時給に考えると、薬剤師のバイト情報による時給平均も2000円前後ですから、2000円×8時間とすると、日給16000円となり、月給を考えれば、月収平均に至る事が考えられます。

薬剤師の仕事をする事によるメリットは、実はバイトも正社員も薬局等へ勤める場合は、処方箋の枚数により人数的に決められている事から、同等であるという事。 もちろん、この部分は、デメリットの部分とも言えますが、ここが、薬剤師のよい面であり、悪い面であると、実際薬剤師をする方は証言していましたね。

薬剤師における月収を考えると、ドラッグストアによる勤務の場合、月給平均が、やや高め傾向である事は確かなようですが、各企業、会社、病院、薬局により、やはりその数字は異なる事は確かです。

結果的に、薬剤師の月収は、20万円〜30万円ほど、ということが一般です。 その中で一番高いのが、皮肉にも存在意義があまり見いだせないとするドラッグストア勤務の薬剤師という事になります。 しかし、ドラッグストアによっては、企業、会社側も薬剤師の存在価値をきちんと考えて、薬剤師を求めるところもありますから、すべてのドラッグストアに勤務する事で、薬剤師の存在意義が無いというものではありません。

あくまで一例による見解ですから、ご自身がこれから就職、又は転職を考える場合は、やはりコンサルタントが、質の高い求人を提案し、求職者における『やりたい!』仕事、希望通りの職場を提案してくれる転職新サイトのご利用がお勧めです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.