薬剤師になる学費や難易度(合格率)

薬剤師になるには

薬剤師になるためには、薬学部を卒業する事が前提となります。薬剤師紹介会社にもそれがないと登録できません。

薬学部にはまた、国立、私立とありますから、いずれかの大学を検討し、薬学部での薬学教育を受けて、卒業をする、これが薬剤師資格を受けるためにも必要な条件となります。 そこで、国立と、私立、いずれがよいのか?と考えた時、費用面を考えるのであれば、やはり国立大学という事になります。

ただし、合格率等を比較する場合、私立大学の方が上という、調査結果が出ている事から、そうした面で、判断する場合は、私立ということになります。 また私立大学を卒業し薬剤師資格を取得することは、就職率も高い事から、私立を選択する方も多いということも事実ですが、私立にとっては、国家試験による合格率が低くなると、それだけ、入学性の確保ができないという事態も発生してしまう可能性があるため、何としても合格率を上げている、という方が実は正しいと言えるかもしれません。

つまり、国立、私立いずれも薬学教育をきちんと学び、習得されている方は、薬学試験においても合格することは当然ですが、私立は合格率が、その大学の死活問題に発生する恐れもあるため、国家試験に対する対策を国立よりも入念に行っている、という事はいえるでしょう。

例えば、大学における卒業試験、この場合も国家試験より難しくしていますから、この試験に受からない方は、卒業できませんし、薬剤師国家試験の合格も望みが薄いと判断されます。 そのため、その難しい問題をできる人だけを受験させるため、合格率も高くなっていると、いうこともいえるのです。

いずれにしても、薬剤師になるためには、まず薬学部を卒業が前提であり、尚且つ、その前に、自分が薬学を学ぶ大学を決める事が必要となるということなのです。

では、国立における合格率は?と考えた時、こちらは、国家試験の対策を熱心に行うというより、比較的研究の方に熱を入れている傾向で、合格率は高いか、低いかで判断する場合、低めである事は確かですが、研究に熱心な分、国立卒業後、薬剤師資格取得後は、製薬会社等への就職を検討される方が多いことから、薬剤に関する研究に興味があり、薬剤師の路を目指すという方には、国立大学が向いていると、いえるのかもしれません。

ただし、国立大学の場合は、研究と国家試験が重なる事も多々ある事から、試験にその成果がひびいてしまう事も多々ある事は、いえるようです。 いずれにしても、薬剤師になるためには、国立、私立いずれかの大学での薬学教育を経て卒業し、受験資格を得る、という流れとなります。

薬剤師の難易度

薬剤師における国家試験の合格率は、70%。 この数字を見る限り、低いともいえず、高い!とも言えませんが、一般的な評価として薬剤師国家試験における合格率は、高いと言われています。

平均にして、70%〜という数字なので、高いという事で定着しているのが薬剤師試験による合格率の見解。 そんな薬剤師試験における難易度は?といえば、やはりこれも高い、と言わざるえない部分。

合格率が高い=難易度低い?と感じがちな薬剤師試験の難易度問題ですが、実際は、薬剤師国家試験における対策をしっかりと行っていなければ、当然合格も難しくなる事は、言うまでもありません。 しかしそれ以前に、薬剤師受験資格を得るためには、大学を卒業もしくは、薬系学部における博士号等を取得する必要があります。

薬剤師における難易度の高さは、いってみては、受験に合格云々ではなく、この大学における卒業、または博士号等の取得が難しく、その過程を無事修了させる事の方が、難しいという指摘があります。 もちろん、試験における受験問題も相当ハードルの高いものとなりえますが、それよりも、尚且つ難易度が高いのが、大学入学における受験、入学課程における薬学教育、すべては、それなりに能力を備えていない限り、簡単なものでなく、一番のネックはこの部分といえるのです。

それらの苦難、努力があるからこそ、合格率は、70%〜という事で、合格率は高いと感じる方も多いですが、薬剤師における最大の難易度は、入学から卒業までの過程にあり、尚且つ薬系大学ならその成果を取得しなければいけないということに、難易度が高いという事がいえるのです。

要するに、薬剤師国家試験を受ける方それぞれのレベルが高いからこそ、合格率が高くなり、難易度は当然高いものということ。 例えば、大学選びにしても安易に合格率が高いからといって、余裕をかましていると、どんどん取り残され、いずれは卒業できないということにもなりかねませんし、試験対策を行わなければ、合格できない、資格が得られないという事になりかねません。

結果的に、薬剤師の難易度とは、受験資格を得るまでの過程における難易度が高い事。 更には、試験自体も難易度は高く、それ相当の対策をきちんと行い、万全な対策を行ったからこそ、合格できる事につながり、合格者は合格されているということ。 数字だけみると、難易度は意外と低い?と思われがちな薬剤師の難易度ですが、薬剤師における難易度とは、入学に至る事、またその教育課程をきちんとこなせるかという事、また卒業でき得るかという事にあります。

薬剤師の学費

薬剤師になるためには、薬学大学による教育を経て、卒業し、はじめて受験資格が得られます。 つまりどうしても、薬学を学ぶ大学を卒業する、つまり入学する事が前提となります。 そうなれば、当然費用がかかりますが、国立、私立と比較する場合、当然私立より、国立の方が学費も低く抑えられることになります。

大学における授業料、国立が50万円弱、私立は、おおよそ100万円前後。 つまり授業料だけでも、私立と国立を比べると、大きな差がある事になりますし、私立における医学部等へ入学する場合、授業料以外を含めると、その費用は年間にして1000万円にもなるという大学もありますから、学費といえども相当な費用をかけなくてはいけないという事がいえるわけです。

要するに、専門的知識を学ぶだけあり、費用も、それなりにかかる事は、言うまでもないという事で、年間にしておよそ200万円前後が妥当な数字と言えるでしょう。 例えば私立の薬学大学、第一薬科大学における授業料は、210万円、初年度は学費+諸費用が含まれ270万円ほど。

また横浜大学薬学部においては、授業料は、第一薬科大学同様210万円となり、初年度は、諸経費込みで、380万円という数字が出されています。 北海道薬科大学も授業料は、およそ190万円、初年度の費用は225万円弱。 一方、国立大学薬学部における授業料は、北海道大学で、およそ53万円となり、東北大学、金沢大学も同様の授業料ということになります。

ただし、これらは、現段階における学費、その他費用における数字ではないため、若干異なる場合もありますが、おおよそこの数字にズレは無いと思います。 金額的にみると、やはり私立大学における学費その他は、高いというイメージですが、実際は、かなり値下げされているようで、大学によっては、大学入学における入学金、例えば60万円を20万円に値下げしている、または授業料自体を180万円のところ150万円にしているというような値下げ傾向になりつつあります。

更に言えば、新学費制度を導入しているとか、特待生もしくは、奨学生の精度がありますので、高額な学費も随分抑えられる事となります。 中には、一般学生200万円前後の納入金も特待生になることで、30万円、120万円となりますし、特別奨学生なら、200万円が180万円になります。

つまり、大学における費用は、特待生になることや、奨学生になる事で、随分値下がりすることとなり、それでなくても今では、以前より比較的どこの大学も値引き傾向にある事は、確かなようです。

薬剤師の合格率

薬剤師の合格率を比較する上で、国立、私立いずれが、合格率が高いかで比較し、大学を決めるなら、数字的には、やはり私立の方が上、ということになります。 私立大学の方が、国立大学を卒業し受験するより、合格率が高いということ。

この差には、その大学における、試験対策の違いが関係していると思われますが、私立における合格率の高さは、その大学の人気につながり、如いては死活問題になりますから、合格率を下げてはいけない。 そのため、試験対策に入念な対策を行い、試験合格できそうにない生徒は、卒業ができない、という流れになっています。

そうすることで、私立大学は生徒における、また大学における合格率を上げているという事は、事実のようです。 一方、国立大学は、もちろん薬剤教育をしっかり学び、私立同様に薬学教育を習得できるものの、国立が力を入れる部分は、『研究』ですから、試験対策がおろそかになる傾向にあり、如いては、試験と研究が重なり、合格率が低くなる傾向にあるという事も考えられ、試験に受からせるという事より、研究を熱心に、という方に力を入れる傾向にあるという事が言えます。

そんな、大学により異なる合格率とは、最新のもので、合格率が高い大学は、『奥羽大』の70%、その後、摂南大の69%、青森大の67%となります。

薬剤師における合格率のランキングをみる限り、一番合格率が高い大学は、70%台の合格率となり、最下位の大学合格率を見た場合、およそ50%の違いがある20%台の合格率となりますが、いずれにしても、薬剤師国家試験による、合格率は、高いとは言えない数字である事は確かで、それだけ試験対策を入念に行う必要がある試験ということがわかります。

薬剤師の資格を取得するには、もちろん薬学大学での6年間の教育が必要となり、卒業、試験合格が必要となりますが、その前に、まずは大学をどこにするか?ということもポイントとなりえるので、費用面を考え、大学を決めるか、合格率を見て大学を決めるか、いずれかの選択肢により大学を決めていく事も重要です。

ただし、あくまで合格率は、合格できる人を集め、試験を受けさせた結果、という部分も私立大学においては否定できず、国立大学は、試験対策より研究熱心傾向である事も否定できない。 何を基準に大学を選択するかは、皆さんの考え方次第ですが、統計的にみると私立大学における合格率の方が、国立大学を卒業し受験されるより高め傾向である事は、確かなようです。

薬剤師が大学院に行く場合

薬剤師の道を目指すには、6年制の薬学専門の大学へ行く事。 つまり薬剤師になるためには、というより、薬剤師国家試験を受けるためには、薬学部における大学を卒業することが前提となり、それがなければ、受験資格を得られないという事です。

しかし、実際は、4年制の大学でも薬剤師試験を受ける資格取得の可能性があるという事。 ですが、これは、永遠の話ではなく、2017年までと限られているもの。 このルートは、4年制の薬学過程の大学を卒業し、薬剤師試験を受験できる資格が得られる、特殊な大学院へ入学し、そこから必要な科目を履修もしくは修了することで、薬剤師受験の資格を得られ、薬剤師となれる道も開かれるという事なのです。

薬剤師になるためには、何も6年制の薬学部教育だけでなく、このように4年制の薬学教育を経て、特殊な大学院へ入学というルートでもその資格を取得するのに可能となるという事。 ただし、それは2017年までという事。

薬剤師になるための大学は、このように2ルートの中から選択する事ができますが、あくまで専門の大学である事が前提で、専門学校、短期大学、夜間学部というものがないため、選択肢は狭いものとなることは確かなようです。 また、薬剤師輩出のための方法として、大学が薬学部に2年の段階から編入できるという制度も設けている大学もありますが、この場合、当然、試験を受けて、合格が前提のものとなり、この方法が利用できる、使えるというのは、大学進学者もしくは、薬学部以外の学部卒業生ということになり、編入に関する内容は、各大学により異なるので、その選択肢を検討される場合は、各大学への問い合わせが必要となります。

こうした、薬剤師のける大学事情、受験資格事情ではありますが、薬剤師の道を目指すなら、受験合格率が高い大学が良いという説もあります。 もちろん、この大学へ行けば、薬剤師試験に受かる可能性が大きいと聞かされると、やはりそちらに興味がわきますが、実際合格率が高いから、必ずそこには行った人は薬剤師試験に合格できるというものでなく、特に私立の場合は、合格する見込みのある方しか受験を受けさせない、という事が背景にあるから故の合格率ですので、どこに入っても努力なしには受験合格にはつながらないという事をよく認識し、大学選びをされるべきです。

ただし、国立大学よりは、私立大学の方が、薬剤師国家試験における対策は入念であるという事は、事実で、国立は受験合格よりも研究に力を入れている傾向が強いというのも事実のようです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.