調剤薬局の薬剤師の権限は?

調剤薬局の薬剤師の権限は?

調剤薬局に勤務する薬剤師。6年制の薬学部を卒業することで、この薬剤師の資格を得ることができます。風邪などで病院の診察を受けると、お医者さんから処方箋をもらいます。そしてこの処方箋を調剤薬局に提出することで、お薬をもらうことができますね。しかし、実はこの薬剤師には処方権というものがありません。つまり、お医者さんが書いた処方箋の通りの薬を調剤して出すことしかできないのです。つまり、薬剤師は処方箋を見て間違いがないかという点のチェックはしますが、基本的には指示通りに動いているだけということになります。

薬剤師を世界的に見てみると、例えばアメリカやイギリスなどで処方権をもつ薬剤師が存在しています。処方権をもつ薬剤師ともたない薬剤師では一体どんな違いがあるかと言うと、まず年収に差が出てきます。当然、処方権をもつ海外の薬剤師の方が年収も高く、それに伴い薬剤師という職業そのものの地位も高いと言えるでしょう。

海外の薬剤師と日本の薬剤師の大きな違いは、どれだけ決定権を持っているかという点にあります。日本の薬剤師にはほぼ決定権は皆無です。処方箋について考えれば明白ですが、全てを決めるのはお医者さんであり、決定権のほとんどをお医者さんが持っているのです。これを薬剤師が覆すということはまずありません。これに対し、海外の薬剤師は自身で決定権を持ち、判断をすることがあります。それだけ責任は重たくなりますが、やりがいや社会的地位、金銭面などで充実する事を考えると、日本でも薬剤師に処方権を与えて欲しいと考える方もいて当然です。

ただ、海外と日本の薬剤師を取り巻く環境の違いはこれだけではありません。まだ日本では導入されていない「テクニシャン制度」や「リフィール処方箋」といったものが存在しています。「テクニシャン制度」とは、薬剤師の補助を行う立場のテクニシャンという職業の存在です。海外では日本よりも薬剤師が判断を下す場面が多い為、薬学に関わらない業務などをテクニシャンが補助します。「リフィール処方箋」は、1枚の処方箋を何度も繰り返して利用できる仕組みです。日本では現在、一度使用した処方箋を再利用することはできないので、薬が欲しい場合には再度病院で診察を受けて処方箋を手に入れなくてはなりません。しかし、リフィール処方箋ならその手間が省けますので、利用者の立場からすると非常に便利なものですね。

このように、日本の薬剤師を取り巻く環境には発展途上の点が多く、薬剤師の権限もこれらの変化に伴い、変わって行くかもしれません。薬剤師紹介会社なども常にチェックしておくといいでしょう。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.