クリニックの薬剤師のやりがい・役割・将来性

クリニックの薬剤師のやりがい

どんな職種でも転職を考えた上で重要視するポイントというのは違ってきます。年収面や勤務時間などの条件を重要視する人もいるでしょうが、どんな職種でもやりがいというものが感じられない転職先では、やはり長続きはしないことでしょう。ここではクリニックの薬剤師のやりがいにスポットをあてて紹介していきましょう。

薬局の薬剤師とは違い、クリニックの薬剤師というのは、直接患者さんと向き合い、さまざまなコミュニケーションをとっていかなければならないということが挙げられます。チーム医療の一員として、医薬の専門分野における立場としての意見なども求められることになりますから、薬剤師としてのやりがいを感じられることになるでしょう。

クリニック勤務では、患者さんとのコミュニケーションにおいて、さまざまな情報というのを収集し、じっくりと服薬指導というものができるというメリットがあります。これはチーム医療というものの一環と言えますが、そのチームの一員として、薬剤師の存在意義というものを遺憾なく発揮できるというのは、仕事をしていく上での大きなやり甲斐と言えるでしょう。

患者さんとのコミュニケーションが多いシチュエーションに立たされますから、時として患者さんの病気に対しての苦労などに触れ、心を揺さぶられることも多くあるでしょう。こういった経験を通じ、薬剤師としての考えというものが徐々に変化をして、さらに成長することができるということも、クリニックとして働く薬剤師のやりがいへと繋がっていくことでしょう。

薬剤師という職種は、さまざまな現場経験を積むことで、専門書などに書かれているような知識以上に、その職種に関してのプロフェッショナルになることができます。10年以上の現場経験のある薬剤師と、2年そこそこの薬剤師では、前者の薬剤師の方がさまざまな面において上であるということは言うまでもありません。さまざまな書籍などを読み、知識を有していることも大事なのですが、経験に救われるという職業でもあるのです。より患者さんに近いクリニックなどの薬剤師という立場であれば、それこそ多くの貴重な経験を積むことができるでしょう。

クリニック勤務の薬剤師は、多くの情報を患者さんへと提供するものです。それと同時に患者さんからも多くのことを教えてもらうことができます。患者さんの病気に立ち向かう姿勢や前向きな姿を見ることができるというのも、クリニックで働く薬剤師のやり甲斐へとつながるのではないでしょうか。薬剤師紹介会社なども要チェックです。

クリニックの薬剤師の役割

クリニックで働く薬剤師と、調剤薬局で働く薬剤師の調剤業務というのは、基本的に同じになりますが、クリニック勤務の薬剤師として働く場合、その担うべき役割というものはどういったものがあるのでしょうか。こういったポイントを把握しておくことも、転職成功のひとつのコツになってきます。

クリニックで働く薬剤師の場合、そのクリニックの規模であったり、診療科にもよりますが、入院施設が備わっているような産婦人科などのクリニックの場合には、入院している患者さん向けの調剤業務もそこに加わってくることになります。調剤薬局の場合には、患者さんが自ら薬局へと出向いてくれますが、クリニック内の薬剤師の場合には、自ら患者さんへと赴き、服薬の方法についての説明が必要になります。

こうした場合に、患者さんの不安を煽ることがないように、服薬することで病気に対してどのような効果を持つ薬であるのかを説明し、精神的な安心感などを抱かせる必要があるのです。副作用の有無などについても説明することも当然にあるでしょう。

クリニックに勤務する薬剤師というのは、ここまでを見れば分かる通り、調剤薬局の薬剤師などと比較して、患者さんとの距離というものが、非常に近い状態にあると言えるのです。ただ調剤をし、薬の説明をするというのではなく、薬学の観点から、さまざまな説明をし、患者さんの心のケアをするというようなある意味でドクターの要素を含んだ仕事が、クリニック勤務の薬剤師の役割と言えるでしょう。

大変だというイメージがあるかもしれませんが、こういったことこそが、本来の薬剤師の姿であり、薬剤師に求められる本当の役割と言えるのです。クリニック勤務の場合には、ドクターや看護師という診療に関わる人間と、治療に関することについて話し合う機会が多くなります。こういった場合に、ただドクターの指示に従うということばかりでばく、薬剤師としての専門的な知識を活かして、その独自の視点から、患者さんに対しての最適な薬品の使用について提案をするということも、クリニック勤務の薬剤師として働く人間に求められる役割だと言えるでしょう。

こういった話し合いの中で、服薬している薬について、考えられる副作用の有無があるかどうか、実際に副作用が出ていないかどうかというのは当然に話題になることでしょう。服薬についての副作用というものは、ある意味で避けては通れないものですから、治療に携わる全ての人間が情報を共有し、意思統一を測っておくということが大事なのです。このためにも、服薬の情報をつぶさに提供するという役割がクリニック勤務の薬剤師には求められているのです。

クリニックの薬剤師の将来性

薬剤師の転職先として、クリニックへの転職を希望している方はいらっしゃるでしょうが、気になることといえば、その将来性というものではないでしょうか。薬剤師の転職先はさまざまにあるものの、クリニック勤務の薬剤師に将来性があるのかどうかということを紹介していきましょう。

まず新卒の薬剤師が一番に希望するのは、製薬会社への就職のようです。そもそも製薬会社は大企業であり、将来性であったり、勤務時間や、給与の面など、さまざまなアドバンテージがある業種ですから、やはり人気の高い業種になるわけです。クリニックへの転職希望は、実は2番目に人気が高いとされているのです。次いで、調剤薬局、さらに一般企業、ドラッグストアとなっているような状況ですね。

薬剤師の多くは、希望条件に違いはあるものの、基本的には病院やクリニック、そして調剤薬局へと就業することになるものです。クリニック勤務の薬剤師ですが、将来性というものはあるのかどうか。基本的にクリニックの希望は人気があり、求人数というものが基本的に少ないため、入職するのに一苦労するというのが現状のようですね。調剤薬局の場合には、その求人数が多いため、薬剤師の転職率はほぼ100パーセントに近いと言えるでしょう。

特にクリニック求人の中でも、経営状態がよく、条件面が充実しているようなクリニックの場合には、かなり競争率が高いということが予測できます。将来性というものを考えた時、年収面に関して言えば、製薬会社や調剤薬局と比較して見劣りしてしまうというのが現状です。年収のピークは40歳後半になり、あとは緩やかに下降していくということになりますから、この点を見てみると、将来性という点ではややデメリットを感じる業種と言えるでしょう。年収に関しては、多くて800万円前後、平均で600万円前後となっていますから、中小企業のサラリーマンと比較して若干高いというレベルの年収になります。

現在でも医薬分業が進み、外来の処方箋のほとんどが調剤薬局に一任されているような状況です。この医薬分業の状態は、これからも増加していく傾向が見られています。入院施設を持った病院施設がなくなるということはありませんから、当然にクリニックでの薬剤師求人がなくなるということは有り得ないものの、その数は今後ますます少なくなっていくことが予測されています。こういった点で言ってみると、将来性という面では、クリニック勤務の薬剤師案件は、そこまで明るくないということが言えるかもしれませんね。

<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.