クリニックの薬剤師の年収・給料

クリニックの薬剤師の年収・給料

薬剤師の方で、クリニックへの転職を希望されていると思います。薬剤師紹介会社を使う人も多いでしょう。転職の指針となるものは、それぞれの転職希望者によって、多岐に渡りますが、その中でも重要視されることが多いのは、やはり給与面ではないでしょうか。いくらやり甲斐のある職場でも、給与が低ければ生活をしていくことができませんからね。

薬剤師という仕事は、現在人気の高い職業として、定着している職種です。医療機関への就業はもともとに人気があるのですが、その中でも薬剤師の仕事というのは、非常に人気が高い職種として知られているのです。薬剤師という仕事は、転職や就職に有利な職種であり、長く売り手市場と言われてきました。当然にこれから先も売り手市場にあることは、変わらないものでしょう。

さて、気になるクリニック薬剤師の年収ですが、多くの求人データなどを参考にしてみると、平均で400万円から600万円というところがほとんどです。薬剤師という職種は、業種によっての給与の差というものがそこまで大きくなく、全ての薬剤師の平均年収がこの中に収まるといった感じですね。当然に働くエリアなどによって、給与は上下することになるのは言うまでもありません。

たとえば都心部などの訪れる人が多い場所でのクリニック求人であれば、700万円以上というクリニックも当然に存在するのです。これは調剤薬局でも、ドラッグストアでも同じです。それだけ業績がよければ、それなりの待遇で迎えられることになります。クリニックという転職先であれば、当然に患者さんが多く来るようなクリニックでは年収が600万円オーバーというところも多いでしょうし、全く暇なクリニックであれば、400万円から600万円の間に収まる年収になります。

クリニック薬剤師にまつわる「お金」の話ということにターゲットを絞ると、平均で23万円前後と言われています。他の薬剤師業種と比較してみると、クリニックなどの病院施設で働く薬剤師の生涯賃金は、製薬会社やドラッグストア、調剤薬局の次に辺り、何気に低いということが言われています。薬剤師としての収入のピークは40代から50歳前半と言われていますが、そこでも600万円から800万円というようにクリニックによって年収に開きがあるという特徴を持っているのです。つまりは、よりよいクリニック求人と巡り会うことができるかどうかによって、年収面は大きく変わってくるということですから、転職支援サービスサイトなどを活用して、転職先を見つけることが賢いやり方なのです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.