クリニックの薬剤師の転職のよくある質問

よくある質問(1)クリニックの薬剤師の転職のコツは?

薬剤師のクリニックへの転職というものにコツはあるのでしょうか。薬剤師紹介会社の利用はその1つです。基本的には、どんな職種にでも転職ノウハウというものは存在し、それぞれに違っているものです。薬剤師のような転職先がさまざまに用意されているような職種の場合、その希望している転職先の違いによっても転職活動のやり方というものは変わってくるのです。

クリニックへの薬剤師転職というものは、何気に人気があるのです。新卒者の希望でも、とても人気が高く、製薬会社に次いで2番目に多い人気を誇っています。つまりは、競争率が高い案件であり、それなりの経験や人間性というものがない場合には、転職させることが難しいということが言えるのです。

他にも、クリニック1つに対して、1名程度の薬剤師というものを配置する人員数が一般的ですから、求人数の絶対数がもともとが少ないと言えるのです。希望者が高い上に、募集をかける人員数が少ないわけですから、当然に入職しづらい薬剤師案件のひとつであると言えるわけです。もっとも難関と言われる製薬会社への転職と比較すると、そこまでの難易度とまではいかないものの、ほぼ100パーセントに近い入職率を誇る調剤薬局などと比較した場合には、入職をすることは難しいというのが現状なのです。

こういったことから、クリニックへの薬剤師転職は、その転職成功のノウハウをある程度に掴んでおく必要があると言えるでしょう。まずは求人探しのコツとしては、稀少案件は公開されていることが少ないですから、薬剤師専門の転職支援サービスサイトに複数登録をしておくというのが、転職成功のための求人探しのコツになってくるのです。

こういったサイトを利用するメリットとしては、薬剤師という職種に特化した転職ノウハウを持っているということです。薬剤師という職種は専門職であるため、一般的な職業とは違ったさまざまな特徴を持っているものです。ですから、その事情に詳しい人間が転職支援を行わないと、転職希望者のまったく意にそぐわない転職先を紹介される上、募集先にも迷惑をかけることになるのです。

また転職で失敗しないためのコツとしては、基本的には情報収集をしっかりと行っておくというのが大事になります。個人レベルでの転職活動では、情報収集をするにも限度があります。特に現職中の方であれば、時間も制限されますし、ロクな情報収集ができなくなる恐れがあります。こういった場合にでも転職支援サービスサイトであれば、キャリアコンサルタントがそれら全てを代行してくれますから、利用価値が高いのです。

よくある質問(2)クリニックの薬剤師転職の面接対策は?

以前の薬剤師の転職事情では、病院やクリニックに対しての希望がトップを占めていました。しかしながら、医薬分業というものが進められ、薬剤師の資格所有者の多くは、調剤薬局に入職するケースが、半数以上を占めているような状況です。稀少案件とも言われている、クリニックへの転職を成功させるためには、必ずあるであろう面接の対策をしっかりと行っておく必要があるでしょう。

クリニックからの求人というのは、こういったことから減少しているという特徴があります。ですから競争率が高く、なかなかに入職することが難しいと言えるのです。ですから、面接対策をしっかりと行い、心象を良くする努力が転職成功のポイントになるのです。

このためには、まずクリニック勤務の薬剤師に求められる役割をしっかりと理解しておくということが大事でしょう。調剤業務がメインであることに変わりはないですが、クリニックによっては製剤作業もありますし、入院患者さんへの調剤や服薬指導などの業務も存在するクリニックがありますからね。転職先の情報を把握し、どういった役割を求められるのか。そして自分の薬剤師としてのスキルや知識によって、どういう貢献ができるのかどうかをまとめておきましょう。

他にも薬剤師としてだけではなく、一般的な社会人としての、常識を持っているかどうかということは、面接の際に見られる部分ではあるでしょう。いくら薬剤師としてのスキルや知識が豊富であるからといって、社会人としてのモラルやルールというものを把握できていない場合には、クリニックというような小規模人数の職場であり、患者さんそれぞれと、とても近い距離で接することができるような転職先では、採用を見送られるケースが考えられるのです。

面接時に聞かれる質問の代表格としては、薬剤師になった理由というものや、どうしてクリニック勤務を希望しているのかということ。また薬剤師としてどのような将来像を持っているのかなどは、ほぼ鉄板の質問だと言われているのです。大きなことを言う必要はありませんし、あまりに自分のことを強くアピールする必要もありません。しかしながら、やはり採用担当者に対して、何か心に響く一言というものを用意しておきたいところですね。特に薬剤師になった経緯や理由というものは、特に自らのエピソードを交えて説明をすれば、深く心象に残ることになるでしょう。こういった面談のコツというものは、転職支援サービスサイトがより詳しいノウハウを所有してますから、是非登録をしておきましょう。

よくある質問(3)クリニックの薬剤師転職の志望動機は?

2006年から大学の薬学部において、6年制の教育課程がスタートしました。それまでの4年制から6年制になったというわけで、2年の空白ができ、この2年間は、薬剤師の新卒補充ができなかったという背景があるのです。この6年制が始まってからというもの、転職希望者のクリニック転職に人気が集まっているのです。

薬剤師の転職先の人気案件というのは、2つあり、ひとつは製薬会社。もう一つは、クリニックや病院の転職なのです。つまりは競争率が高く、なかなかに転職しづらいという特徴があるということなのです。こういった場合に重要になってくるのは、採用者側の心象に残る志望動機というものなのです。

志望動機というものは、さまざまにあるでしょう。給与のことを考えると、まずクリニックの薬剤師を選択するということはないでしょう。ドラッグストアや製薬会社の方が、年収は、はっきりいって期待することができますから。何かしらの薬剤師としての志というものがあるからこそ、狭き門であり、求人数があまり多くはない買い手市場のクリニックの薬剤師というものを選択したことになりますよね。

ただそれを自分の感情の赴くままに、こんこんと語るのはあまりオススメできません。ここは転職支援サービスサイトに登録をし、採用者側の心を動かすような志望動機の書き方などを、しっかりと指導してもらうようにしましょうね。将来性というものをある程度前面に出した方が、クリニックへの貢献度という面でもアピールすることができるでしょう。

たとえば専門薬剤師の資格取得を考えているというようなことを志望動機にしてみるとか。より高度な薬剤師になるために、ステップアップのためにクリニックなどの臨床の場で働きたいということを訴えてみるのです。がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師などが挙げられますが、こういったものを見てみると、これらの資格と同じ専門クリニックが沢山に存在しているということがわかるでしょう。

それぞれの専門クリニックなどをターゲットにして、資格取得のためにという志望動機も将来性を感じられてアリだということなんです。こういった志望動機の作成は、前述にもあるように薬剤師専門の転職支援サービスサイトに登録をしてる良質な志望動機を作成しておきましょう。実際の志望動機としては、仕事のやりがいと充実感というところが多いようですが。

よくある質問(4)クリニックの薬剤師転職の自己PRは?

クリニックへの転職を目指す薬剤師にとって、良質な自己PRをするということが、転職成功に結びつく大事な要素になってきます。クリニックの薬剤師求人というのは、人気というものが高い上に、絶対数というものが少ないと言えるのです。ですから、売り手市場の薬剤師という職種において、何気に転職が難関の業種のひとつとも言えるのです。

基本的にクリニックから募集が出る場合、大規模な病院施設や、製薬会社、大手の調剤薬局や、ドラッグストアというようなところのように、新卒者向けに年に一度大量採用というようなことや、中途採用者用に試験などを行うというような募集の仕方は行いません。そういった方法よりも、転職支援サービスサイトに、登録をして、広く優秀な人材を求めるというケースが多いのです。

現在定員がいっぱいであっても、優秀な人材があれば紹介して欲しいとして、いざという時のために非公開求人として募集を行っていることが多いのです。とにかく毎年大量に人材を確保するというような募集の仕方は行わず、欠員の補充といような感じで人材募集をかけているというのが、クリニックの薬剤師募集のスタンダードであるということなのです。

そこで大事になってくるのは、面談の際に聞かれたり、履歴書に記載欄がある自己PRというのが大事なのです。少ない求人に対して、採用されるためには、焦らず気長に転職活動を続けていくということが大事になってきます。ですから、現職の仕事を続けたままにアクションを行うというのがベストですね。具体的な方法としては、転職支援サービスサイトを利用して、そのサイトに必ず存在しているであろうプロフィール欄というものを活用していきましょう。

クリニックの薬剤師として、どのようなことをしたいと思っているのか。またこれまでの自分の薬剤師としての職歴などは、詳細に記載しておきましょう。これこそが自己PRの一環になるのです。クリニックの採用者は、何気にこういった転職支援サービスサイトの求職者のプロフィールなどをこまめにチェックしていることが多いですから、しっかりと記載しておきましょう。スカウトメール機能を有しているサイトも多くありますから、採用者側が求めている人材とマッチすれば、相手の方から市場に求人を出す前にコンタクトがくるかもしれませんよ。こういったことからも、転職支援サービスサイトに登録をして、そこにある機能を充分に活用していくことが転職成功のポイントでもあるのです。


<投稿つぶやき一覧>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2020 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2020年度版更新中】 All Rights Reserved.