残業なしの薬剤師求人

残業なしの薬剤師求人

薬剤師で転職を希望している人の中には、残業なしの職場を探しているケースも少なくないようです。残業なしの職場ですが、調剤薬局やドラッグストアであればそのような条件で募集を出しているケースも多いです。ただしすべての調剤薬局やドラッグストアで残業がないわけでもありません。残業がなさそうな調剤薬局やドラッグストアを見つけるためには、それぞれの店舗で働く薬剤師の数を確認することです。

在籍している薬剤師の数が多く、調剤薬局やドラッグストアであれば、業務の分散化ができるので勤務時間内で仕事も終わる可能性が高いです。しかし薬剤師の人数が十分でない調剤薬局やドラッグストアの場合、薬歴などの管理が患者への薬の処方のために後回しになってしまう傾向が強いです。そして営業時間が終わった後で、薬歴の管理などの事務仕事を行わなければならず、残業の頻度も多くなります。ですから応募しようと思っている調剤薬局やドラッグストアの見つかった場合、薬剤師の在籍数はしっかり確認しましょう。

また調剤薬局やドラッグストアがどこに立地しているかも、残業なしの求人かどうかチェックするために重要です。たとえば皆さんの近所にも商業施設の中に調剤薬局やドラッグストアが入店しているケースもあるかもしれません。この場合、その商業施設が閉店になれば、調剤薬局やドラッグストアも店を閉めざるを得なくなります。ですから残業のしようがないとも言えるわけです。

調剤薬局やドラッグストアで過去に勤務したことがあって、どうも業務が自分には合わないと感じる人もいるでしょう。その場合には、クリニックで薬剤師として勤務してみるのも良いでしょう。クリニックの中でも小規模の医療機関の場合、自分のところで薬の処方も行っている所が結構あります。このようなクリニックで、薬剤師を募集していることも時々あります。小規模のクリニックであれば入院設備もないでしょうから、まず夜勤を担当することがないです。また診療時間も決まっていますから、患者の診察がすべて終われば、仕事から早く解放されるでしょう。

ただし残業なしの薬剤師の求人に応募する場合、今残業のあるところで業務をしていれば、収入の下がることは覚悟しておいた方が良いでしょう。残業手当がつかなくなるからです。多少収入が下がっても、ライフワークバランスを整えて、プライベートも充実させたいと思っているのなら、残業なしの薬剤師求人を探すことです。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.