女性薬剤師に人気の転職条件

ここでは「女性薬剤師に人気の転職条件」について紹介します。

ブランク明け復職可能

転勤がない薬剤師求人を探す人は多くいます。その理由は様々ですが、家庭を持っている、地元を離れたくない、安定した生活がしたい、といった理由が多く聞かれます。

薬剤師求人の中で、ブランク明け、もしくは復職可能、といった項目をチェックして見ている人の多くは、結婚や出産、子育てのために一時的に薬剤師の仕事を離れていた、という理由があります。どのようにスムーズに復職し、仕事のペースを取り戻せるのでしょうか。

この業界全体で見ると、30代女性の薬剤師が現役で働いている割合が、他の層に比べガクンと下がっています。主な理由は冒頭で述べたような、いわゆる家庭の事情が多く見られます。その後、子育てなどが落ち着くと、また以前の仕事に復帰したい、と考えて、ブランク明け、復職可能な薬剤師求人を探すわけですが、就職活動の際には、復職サポートの体制が充実しているかを、しっかりと調べることが大事です。

というのも、この業界の環境は目まぐるしく変わるため、最新の情報や法令、ノウハウなどを新しく学び直す必要があるからです。とりわけ、新薬の登場のスピードは速く、以前は主流だった薬が今はほとんど使われていない、ということも珍しくありません。また、調剤報酬や処方のシステムも常に進歩し続けています。そのため、職場復帰するにあたり、ある程度の時間を取って、研修を行ってくれる企業を探すのがベストです。

それぞれの会社で研修の内容や方法は異なります。実際の業務をしながら現役薬剤師が指導します、という形の実践型もありますし、現場に出る前に、純粋な研修期間を設け、最新技術や知識を学んだ後に、実際の業務に出る、というところもあります。仕事をしながらの方が覚えやすいか、それとも腰を落ち着けて勉強してから業務を開始した方がいいか、自分のタイプと希望を見極めて選びたいものです。

さらに、この復職サポートとして、企業を超えての研修を行っているところもあります。人材サービスが研修を行った後、職場を紹介するパターンや、大学の薬学部と連動して、基本のおさらいと最新情報の提供を行う研修プログラムを実施するところもあります。こうしたサービスを就職活動の前に受けておくと、スムーズに早く薬剤師求人を見つけて、ブランク明けでも復職可能となります。

このように、ブランク明け、復職可能な薬剤師求人を探すなら、大まかに2パターンある、と覚えておけば良いでしょう。就職先の企業で、復職支援プログラムを提供しているか、この場合は実際の業務を通して実践的に覚えられるというメリットがあります。もう一つは、事前に研修プログラムを受けて、最新スキルを持つ薬剤師として就職を行う、ということです。この場合は、研修などを提供していない企業にも入りやすい、というメリットがあります。

子育て支援有り

子育て支援有り、という薬剤師求人は他の職業、また医療関連の他の職種と比べてもかなり多く見られます。それはこの業界全体で、ママさん世代の薬剤師をサポートするという流れがあるからです。

現役で働く薬剤師は、他の職業と比べ、かなり女性の割合が高くなっています。そのため、結婚、出産、子育てによって離職してしまう30代の薬剤師が多い状態です。そうした状況を改善しようと、子育て支援有り、という薬剤師求人を出す企業が非常に多いのです。しかも、単に子育てのための休暇を増やします、というような表面的なものではなく、様々な支援策を立てて、全面的にパックアップしています。

産休・育休はもちろんのこと、勤務時間を一定の期間減らす制度を設けている会社は少なくありません。具体的に言うと、子どもが幼稚園、もしくは小学校に入るまでの間は、半日の勤務で構わない、というようなシステムです。もちろん、給料基準が変わってしまいますので、それぞれの企業でどんな給料体系を設けているのかを事前に把握しましょう。

また、職場の中に託児施設を設置したり、保育園と提携したりして、勤務時間をあまり減らすことなく、子育てをしながら仕事を続けられるように工夫しているところもあります。同僚の中でも同じように子育てをしながら働いている人も多くいるでしょうから、職場を介して子どもに新しい友達ができ、ママ友が増える、というのもうれしいポイントです。こうした支援策の場合には、施設を利用する際の費用はかかるのかどうか、職場内の託児所でないなら、どれくらい離れているか、といったことを事前にチェックしておくなら、実際に活用し始めた時にトラブルを避けられます。

子育て支援有りの薬剤師求人で多く見られるのが、勤務時間は希望に合わせて調整できる、というものです。朝子どもや家族を送り出してから、子どもが帰ってくる午後の時間までの5,6時間というのが多いパターンですが、それぞれの事情に合わせて融通を利かせてくれるところがほとんどなので、無理のない予定を組めるようしっかりと希望を伝えましょう。また、雇用形態はパートなのか、社員として雇用してもらえるのか、という点もポイントです。勤務時間が短く変則的な場合は、パートでの採用、というケースが多いですが、中には正社員として働けるところもあります。そうした会社は、子育てがある程度落ち着いたら、通常の勤務時間に戻ってもらうことを条件にしていることが多いようです。

育児休暇あり

女性の方で将来の結婚・出産を考えて、育児休暇ありの職場に転職したいと考える人も多いです。求人情報を見ると、日本全国で育児休暇ありとうたっている募集はあります。しかし育児休暇ありと言っても、実際に取得できるかどうかはまた話が別です。そこで、育児休暇ありの職場を希望するのなら、産休や育休の取得実績のある募集を見つける必要があります。

薬剤師の勤務している職場を見てみると、育児休暇ありでも、もはや制度自体が形骸化してしまっているところも結構あります。このため、育児休暇を申請したいけれども周りの空気がなかなか手続きできない職場も見られます。利用されたケースはほとんどなく、それでも無理を言って産休や育休をとると復職した後に思うように昇進できないとか、自分の希望していない部署に配属されてしまったといった事例も見られます。その結果、自分から退職せざるを得なくなった薬剤師も少なくありません。

育休の取得実績のある職場を見つけるためには、まず対象の店舗や企業の規模の大きさをチェックしてみることです。大手の方が一般的な傾向として、育休制度を導入しているところが多いです。大手の場合、勤務しているスタッフが多いですから、1人育休で当面抜けたとしても他のスタッフでその穴を埋められる公算が高いです。ところが小規模な薬局や個人経営の職場の場合、1人スタッフが抜けると大きいです。他のスタッフの仕事の負担がかなり大きくなります。このため、なかなか育休を言い出せない雰囲気があるとか、育休を取得できても職場復帰をやんわりと断られてしまうケースもあるようです。もちろん小規模の職場でも、育休をしっかり与えているところもありますが、かなり慎重に実績などをチェックしないといけないでしょう。

安心して育休を取得したければ、チェーン展開している大手の薬局やドラッグストア、製薬や治験企業のような所の方が安心です。その他には、ママさん薬剤師に対するサポートがどうなっているかも育休取得実績を推測するうえで重要な判断材料になります。たとえば時短勤務と言って、育児をしている薬剤師を対象に1日通常8時間勤務のところを6時間勤務にする制度です。仕事の負担を軽減することで、育児や家事も無理なくできるようにした制度です。その他には、パパ・ママ育休プラスと呼ばれる制度を導入しているかどうかもチェックポイントです。夫婦2人で育休をとった場合、通常1年の育児休業を1年2か月まで延長できる制度となります。このようなママさん薬剤師にとって優しい制度を導入しているかどうかを見てみましょう。

残業なし

薬剤師で転職を希望している人の中には、残業なしの職場を探しているケースも少なくないようです。残業なしの職場ですが、調剤薬局やドラッグストアであればそのような条件で募集を出しているケースも多いです。ただしすべての調剤薬局やドラッグストアで残業がないわけでもありません。残業がなさそうな調剤薬局やドラッグストアを見つけるためには、それぞれの店舗で働く薬剤師の数を確認することです。

在籍している薬剤師の数が多く、調剤薬局やドラッグストアであれば、業務の分散化ができるので勤務時間内で仕事も終わる可能性が高いです。しかし薬剤師の人数が十分でない調剤薬局やドラッグストアの場合、薬歴などの管理が患者への薬の処方のために後回しになってしまう傾向が強いです。そして営業時間が終わった後で、薬歴の管理などの事務仕事を行わなければならず、残業の頻度も多くなります。ですから応募しようと思っている調剤薬局やドラッグストアの見つかった場合、薬剤師の在籍数はしっかり確認しましょう。

また調剤薬局やドラッグストアがどこに立地しているかも、残業なしの求人かどうかチェックするために重要です。たとえば皆さんの近所にも商業施設の中に調剤薬局やドラッグストアが入店しているケースもあるかもしれません。この場合、その商業施設が閉店になれば、調剤薬局やドラッグストアも店を閉めざるを得なくなります。ですから残業のしようがないとも言えるわけです。

調剤薬局やドラッグストアで過去に勤務したことがあって、どうも業務が自分には合わないと感じる人もいるでしょう。その場合には、クリニックで薬剤師として勤務してみるのも良いでしょう。クリニックの中でも小規模の医療機関の場合、自分のところで薬の処方も行っている所が結構あります。このようなクリニックで、薬剤師を募集していることも時々あります。小規模のクリニックであれば入院設備もないでしょうから、まず夜勤を担当することがないです。また診療時間も決まっていますから、患者の診察がすべて終われば、仕事から早く解放されるでしょう。

ただし残業なしの薬剤師の求人に応募する場合、今残業のあるところで業務をしていれば、収入の下がることは覚悟しておいた方が良いでしょう。残業手当がつかなくなるからです。多少収入が下がっても、ライフワークバランスを整えて、プライベートも充実させたいと思っているのなら、残業なしの薬剤師求人を探すことです。

扶養内勤務歓迎

薬剤師として働く方は、多くが女性です。また、その中には結婚や出産、子育てで一度退職したけれど、子育ても落ち着いたので復職したという方も多く働いています。そうしたパートの薬剤師の方がよく気にしているのが扶養内勤務です。扶養内勤務とは、既婚女性で夫の扶養の範囲内で働くことを意味します。この扶養の範囲というのは、税金と社会保険の2つがあり、まず税金については103万円の壁があります。夫と妻両方が働いている場合で、妻の年収が103万円以下の場合に限り、夫の所得から配偶者控除として38万円を差し引くことができます。もし、妻の年収が103万円を超えてしまった場合、年収が141万円以下の場合には配偶者特別控除を利用することで、それほど大幅な増税とはなりません。

もうひとつの壁である130万円の壁ですが、こちらは社会保険の被扶養者になる為のボーダーラインとなります。現在は、妻の年収が130万円未満であれば、被扶養者として社会保険に加入できます。年金についても、保険料負担なしで基礎年金の受給が可能です。妻の年収がそれぞれの壁を大幅に超える場合は気になりませんが、少々超えてしまうという場合には、結果的に損になってしまうことがある為、既婚の薬剤師は配偶者控除の受けられる扶養範囲内で働くことを希望します。

このようにさまざまなメリットを受ける為、扶養範囲内で働きたいと希望する薬剤師は多いです。しかし、薬剤師はスーパーのレジ打ちのパートなどと比べて非常に給与が高いです。その為、アルバイトやパート勤務であっても年収をきちんと計算しなければ、すぐに壁を越えてしまう可能性が高いのです。では、扶養内勤務を実現するにはどうすればよいでしょうか。まず第一にあらかじめ年収の予測をし、計算することです。

しかも、すべて計画通りにすすめられるかどうかはわかりませんので、壁となる金額より少し余裕を持って考えることをオススメします。次に、求人探しですがこの時点で、扶養内勤務を希望するとしっかり伝えましょう。扶養内勤務を理解してくれる職場であれば、収入に合わせて調整を行ってもらうことも容易です。反対に、扶養内勤務の希望を伝えずに勤務を初めてから希望を伝えても、人員数の都合や配置などの関係で希望が通らなくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。働きすぎてしまうと、収入が増えるどころか返ってマイナスとなってしまうこともあります。

転勤がない

転勤がない薬剤師求人を探す人は多くいます。その理由は様々ですが、家庭を持っている、地元を離れたくない、安定した生活がしたい、といった理由が多く聞かれます。

転勤がない薬剤師求人で一番多いのは、地元密着型の調剤薬局や病院、地方公務員です。公務員に関しては、異動が定期的にあるものの、行政区内での異動なので転勤をせずに済むケースがほとんどです。薬剤師として働くなら、保健所や公立病院、行政の研究所、消費者生活センターなど衛生や薬事に関わる相談・指導を行う職場がメインとなります。地方公務員試験をパスすることが条件の職場もありますが、薬剤師の資格があれば採用されることも多く見られます。転勤がない、という安定性に加え、地元に密着して仕事ができるので、地域社会に貢献できることや、市民との交流などがこの職場の魅力となります。

地元企業の薬局やドラッグストアも、転勤なしの薬剤師求人を多く出しています。地元の患者さんやお客のニーズに応えるために、人員の大きな変動をさせず、地域と密着し常連客を逃さない、という思惑があるからです。そのため、長くとどまって働ける人や、地元出身の人を採用する傾向があります。また、特定の病院受けの調剤薬局であれば、医師や看護師との接触も多くなるので、スムーズにコミュニケーションを取り、臨機応変に対応できる人が歓迎されます。面接の時などには、明るく積極的な人柄をアピールしていきたいものです。

転勤がない、という条件では大手製薬会社などの薬剤師求人はないかというと、多くはないものの見つけることができます。研究開発分野などでは、研究施設が決まった場所にあるため、転勤の必要がなく、同じ場所にとどまって働けるからです。製薬会社において転勤なしの条件を探す際には、部署によって全く異なるので、注意が必要です。営業などは当然転勤の可能性が高くなりますが、研究分野、特許もしくは官公庁への届け出を担当する部署などでは、この条件でも可能なところがありますので、求人情報をこまめにチェックしてみましょう。

まとめてみると、転勤がない薬剤師求人は、大手で全国規模のドラッグストアや製薬会社、国家公務員では少ないものの、丁寧に探せば見つけることができる、ということです。また、より容易に見つけられるのは、地元企業の調剤薬局や病院、地方公務員などで、はっきりと転勤なし、の条件をうたって求人を出しているところも。地元に愛着があり、地域に貢献したい、と願う人はぜひ求人情報をチェックしてみましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2018年度版更新中】 All Rights Reserved.