転勤がない薬剤師求人

転勤がない薬剤師求人

転勤がない薬剤師求人を探す人は多くいます。その理由は様々ですが、家庭を持っている、地元を離れたくない、安定した生活がしたい、といった理由が多く聞かれます。

転勤がない薬剤師求人で一番多いのは、地元密着型の調剤薬局や病院、地方公務員です。公務員に関しては、異動が定期的にあるものの、行政区内での異動なので転勤をせずに済むケースがほとんどです。薬剤師として働くなら、保健所や公立病院、行政の研究所、消費者生活センターなど衛生や薬事に関わる相談・指導を行う職場がメインとなります。地方公務員試験をパスすることが条件の職場もありますが、薬剤師の資格があれば採用されることも多く見られます。転勤がない、という安定性に加え、地元に密着して仕事ができるので、地域社会に貢献できることや、市民との交流などがこの職場の魅力となります。

地元企業の薬局やドラッグストアも、転勤なしの薬剤師求人を多く出しています。地元の患者さんやお客のニーズに応えるために、人員の大きな変動をさせず、地域と密着し常連客を逃さない、という思惑があるからです。そのため、長くとどまって働ける人や、地元出身の人を採用する傾向があります。また、特定の病院受けの調剤薬局であれば、医師や看護師との接触も多くなるので、スムーズにコミュニケーションを取り、臨機応変に対応できる人が歓迎されます。面接の時などには、明るく積極的な人柄をアピールしていきたいものです。

転勤がない、という条件では大手製薬会社などの薬剤師求人はないかというと、多くはないものの見つけることができます。研究開発分野などでは、研究施設が決まった場所にあるため、転勤の必要がなく、同じ場所にとどまって働けるからです。製薬会社において転勤なしの条件を探す際には、部署によって全く異なるので、注意が必要です。営業などは当然転勤の可能性が高くなりますが、研究分野、特許もしくは官公庁への届け出を担当する部署などでは、この条件でも可能なところがありますので、求人情報をこまめにチェックしてみましょう。

まとめてみると、転勤がない薬剤師求人は、大手で全国規模のドラッグストアや製薬会社、国家公務員では少ないものの、丁寧に探せば見つけることができる、ということです。また、より容易に見つけられるのは、地元企業の調剤薬局や病院、地方公務員などで、はっきりと転勤なし、の条件をうたって求人を出しているところも。地元に愛着があり、地域に貢献したい、と願う人はぜひ求人情報をチェックしてみましょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.