診療科別の薬剤師の採用

このページでは「診療科別の薬剤師の採用」について紹介します。

皮膚科

皮膚科の薬剤師募集は、皮膚科という科目毎で検索、またはキーワード選択することで簡単に求人情報にアクセスできる人材派遣、又は薬剤師の転職支援サイトが便利です。いままで皮膚科が専門だった人も、できれば転職先でもそのスキルや経験を活かしたいと思って当然だとおもいます。

最近はアレルギー体質の人が増えました。そしてそのアレルギーを起こす原因が特定できるものと、特定できないものがあって、皮膚に問題を抱える人、とくに子供を中心にアトピー性皮膚炎になっている人を多くみかけるようになっています。そしてその特効薬もあるのですが、だんだん使用しているうちに効かなくなってくるなどの問題がでてくることが多く、ときには皮膚の問題と一生つきあうことになる人も多いようです。

だたし皮膚科に関しては、新薬も続々と登場しているし、その薬の種類によってはある特定の症状に特効薬になるという場合もあって、将来の新薬がより期待される分野でもあります。

また、最近では、皮膚科と言っても美容やアンチエイジングを目当てとするトリートメントをする皮膚科も増えてきています。こうしたクリニックではレーザ治療やフォトフェイシャル、またはケミカルピーリングなどの美容のほうに重点をおいた治療で、しかも皮膚科の専門医にかかることができるということで、その安心感からか、人気が高くなっています。薬剤師として処方箋を出すだけでなく、その治療に有効な化粧品、医薬品に近い化粧品をすすめることがあり、そうなると化粧品の知識も多少必要ですし、皮膚関係の新薬や化粧品の情報を常にアップデートしておく研究熱心な方が向いているでしょうか。

また、お年頃に気になるニキビの特効薬なども発売されていますので、そうした市販薬で効かなかった人に対して処方薬を進めること、悩んでいる患者さんを減らすことができるのは、薬剤師としては大変やりがいのある仕事ですし、目に見える効果を実感できるのは、それだけ患者さんにとっても助かりますよね。

皮膚は人目につきやすいものですし、またそれで外見、第一印象も違ってくるのは当然です。子供でもまた年頃の人にとっても皮膚に問題があるということから、いじめや自分にコンプレックスをもつ原因にもなります。また、年輩になると、それが老化のサインだったりして落ち込んでしまうものです。できたら、そうした悩みを減らすお手伝いをする、そして悩みの相談にのれる薬剤師でありたいものです。薬や、医師をかえることによって劇的にその症状が改善することもありますから、セカンドオピニオンも非常に大事な事だと思います。

精神科

最近はメンタルヘルスが注目されるようになりました。まさに心の時代、心の健康を守りつつ日常生活を送る事は大変なことになりつつあります。そして精神科のお薬を貰うといっても、いまはそう特別なことではなくなっています。軽い睡眠薬くらいなら、だれでも数回は服用したことがあると思います。心療内科や、神経科を含めるとしたら、いまはかなりの人がこうした精神科関係の医療機関にお世話になっていることでしょう。

精神科の場合は、精神保険及び、精神障害者福祉に関する法律があるので、こうした精神関係の病にかかった場合、患者はそのトリートメントや処方箋をごくごく少ない負担額で受ける事が出来ます。

また、精神科というカテゴリーはまだまだ世間の中で偏見が多いカテゴリーですから、個人情報の管理や、その病歴のことに関しては、当然のことながら、慎重に扱うことになります。

患者さんのほうも、できれば調剤薬局ではなくその医院内でお薬を受けとることができたらより通院もしやすいし、精神的に負担が少ないと思います。あまりに調子が悪いときは通院さえできないし、薬局にいくこともかなりの苦痛を伴うからです。もしすでに入院している場合はその心配はありませんが、外来でそうした精神科に通い続ける人はできるかぎり、周囲がその患者さんの負担を減らしてあげるべきでしょう。

もし一緒についてきてくれる人、つまり家族などで付き添ってくれている場合は、本人よりもその付き添いの方に説明をしたほうがいい場合もありますが、それも個人情報なので、医師の見解がわかれるところです。最近はそうした情報管理のことについてもかなり追求されますので、昔のように病名が筒抜けということは避けることができます。

気軽に鬱や気分の落ち込みなどを相談できるような社会になれば、深刻なケースや入院になるケースまでいくことを防げるかもしれません。メンタルヘルスについては、学校や企業などのその人の所属団体でも注意深く見守られたり、またカウンセラーなどを設置して早めに発見されることが早期治療に繋がります。また薬を飲んで療養期間をもてば、だいたいは回復しますので、まずは周囲の人、家族や友人、同僚などの注意喚起と、最終的には医師の診断、そして薬剤師のアプローチ、適切な薬の使用法の説明になります。最悪のケースでは、処方箋を大量に服用し、自殺の危険もあるので、くれぐれも処方通りに患者に渡すこと、そして患者に用法の説明なども怠らない様にすることが大事です。

小児科

子供は基本的には病院は好きではありません。ましてや子供が嫌う、苦痛を伴う治療は、病院に行くと言うだけで泣き叫ぶ子供がいるくらいです。親のほうもそうした子供を説得、なだめつつ病院やクリニックに連れて来るのは大変なものです。看護師さんや医師などと協力し、子供が安心するような雰囲気をつくりだすことが大事でしょう。

産婦人科と同じように、最近は小児科の医師の不足がいわれています。そうなるとどうしても一つの小児科医のところに患者が殺到することになります。専門的な治療が必要なときは、大学病院などに紹介されることになりますが、まずは子供に気になる症状がでたなら近所の小児科に連れていく親は多いことでしょう。医師や看護師、薬剤師さんを多いに頼り、そして医師の指導や、薬剤師が調剤するお薬をかなり信頼している場合も多いでしょう。

小児科の薬は、子供用に大人のものより小さいか、もしくは子供が飲みやすいように工夫されているものが多いです。味なども子供が薬として意識しないように甘くなっているものもあるし、シロップタイプもあるので、薬が嫌いな子供にもだましだまし飲ませることができるでしょう。

子供が薬が嫌いで、どのように飲ませるのは困っている保護者に、薬剤師さんがアイディアを教えてあげたり、こうすると子供が嫌がらないという方法を教えてあげると保護者の方にとっては大変助かります。もし小児科の薬剤師の仕事の経験があるなら、もしくはこれから薬剤師になる場合は、その経験やる気は貴重なものです。小児科の医院、そしてクリニックで働くようになると、子供とも接する機会が増えるので、子供好きな人なら尚更ふさわしいと思います。また自然にしていても、子供が話かけやすいとか、安心されやすいタイプの人という人はいるもので、看護師さんを含めてそうした人材が集まっているといい雰囲気になるのでしょう。

薬剤師の転職サイトは沢山あるし、また科目別に病院、クリニックを選ぶ事が出来ますから、小児科に勤めたいと考えている薬剤師さんはそうした転職サイトから小児科にこだわって仕事探し、もしくは求人情報を検索してみましょう。全国の薬剤師の仕事の中から、自分の希望条件を指定し、そして興味のある仕事がみつかったら、どのような職場環境なのかをエージェントに聞いて、転職の参考にしてもいいと思います。忙しい職場になるかもしれませんが、その分やりがい、そして子供達の為に働くある意味では毎日が新しい発見のある職場になるでしょう。

産婦人科

産婦人科では、婦人科系の為の特別な薬を処方する場合もあって、そうした薬局では市販されない薬は、産婦人科で薬剤師の処方のもとに手に入れることができます。婦人科系の疾患は、体質的なものもあって、煩うとなかなか長くなる場合もあり、その症状もかなり個人差があります。医師がしっかりカウンセリングをして処方するとともに、もしお薬があわない場合は、色々なお薬を試す必要があるし、薬剤師と良く相談することが必要でしょう。

産婦人科の医師、また看護師の不足が叫ばれている現状ですが、薬剤師の場合は、もちろん勤務する病院の科に関しての職歴があれば知識や処方、その分野の専門知識も豊富ですから望ましいですが、ある程度慣れてしまえば、専門科を変えて活躍することも難しくはないでしょう。

産婦人科医が少なくなっている現状をみてみると、産婦人科に薬剤師として勤めるのは、かなりの忙しさ、激務になることは予想されます。それでもおそらく待遇やお給料などは悪くないので、その部分では仕事は忙しいけれども、その分報酬も期待できる専門科です。

産婦人科の分野でも、様々な新薬や、妊娠関係をコントロールする薬、また最近は高齢出産が増えてきているのもあって、特別な薬や、特別なトリートメントを受ける人が増えてきました。その分高額な医療費になることもありますが、それでも不妊治療などを続けるご夫婦もいますよね。そうした特別なトリートメントには残念ながら、痛みや苦しみはつきものです。そうした患者さんを励ましながら、痛み止めやホルモン剤などを処方するのは、産婦人科で働く薬剤師ならではの役割です。

ともすれば忙しくなると、事務的な応対になりがちな病院、クリニックではありますが、その中でも産婦人科はよりデリケートな問題を扱っている場合が多いので、産婦人科ではとくに個人情報やプライバシーのことに気を使って患者さんを安心させる必要があります。

婦人病の人の治療や手術、ときには分娩、または運悪く流産、そして場合によっては人工妊娠中絶を行なう場であるだけに、産婦人科では薬剤師さんも色々な事情をかんがみつつ、毎日の処方、仕事を考えていくしかありませんね。他の診療科ではない独自の雰囲気と、職場に医師や医療スタッフや技師以外は女性が多くなるという特殊な環境のなかで如何にうまくやっていけるかが鍵でしょう。産婦人科に限定して、薬剤師の仕事を探す事も可能です。もし産婦人科での就業経験がある人は、その十分な経験を次の職場でも活かしてみてはいかがでしょうか。

整形外科

調剤薬局で働いていると、色々な病院やクリニックからの処方箋が持ち込まれますね。なかには整形外科だけではなく、内科や、小児科、皮膚科、精神科など本当に色々な病気治療に薬剤は必要不可欠であることがわかります。

病院やクリニックが整形外科である場合は、その施設で働く薬剤師さんが必要です。良く薬剤師の転職サイトを見ていると整形外科医院などで薬剤師の求人を出しているところを見かけることがあります。

整形外科ですと、個人の開業医も多く、地域医療に貢献しているだけではなく、一般にこうした個人医院、クリニックはあまり時間をかけない待ち時間が少ないことが魅力になっているものです。大学病院や公立病院の大きいところは確かに精密検査や難しい治療、また著名な先生に見てもらえることで安心もありますが、問題点としては時間がかかる、待ち時間を含めると処方箋を貰って帰るまでに半日、下手をすると一日がかりになります。そういった点も含めると非常に街のお医者さんは、忙しい働く人々にとっては都合のいい存在です。

そうした地域密着型の整形外科などで働く薬剤師は、当然正確さも大事ですが、スピードというのもかなり重要な要素になります。仕事になれてきてベテランならばそれなりに業務を要領よくこなすことができますが、新人であまり経験がないと忙しさについて行けなくなることも当然あるでしょう。

先輩や医師、看護師や医療スタッフとの連携、そしてお互いにしっかりとコミュニケーションをとって日々の業務を効率よくこなしていってください。病院内で、お薬を受け取って帰れるというのは、患者さんにとっては便利この上ないです。その利便性によって、その整形外科にきている患者さんも多いでしょう。またその医院やクリニックのすぐそばに調剤薬局があったら、問題ないです。まず皆さん時間に追われている人が多いので、スピードと正確さは薬剤師としてかなり重要なスキルであると思いますし、実技で経験することで、どんどんスピードアップできるようになるでしょう。

いままで整形外科で働いていた、または大きな病院の整形外科にいたなど、それまでのキャリアを活かしたい場合は、求人案件の検索でも、科目毎に調べられる場合があります。だれでも得意分野や、いままで仕事をしたことがあるジャンルのほうが安心して仕事ができるものです。薬剤師の仕事の検索も科目別、またはキーワド検索などをして、自分の目的とする仕事、また条件などにマッチする転職先をみつけましょう。場所も指定できたり、ときにはこちらから入職希望医院などをリクエストすることもできるようです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2019年度版更新中】 All Rights Reserved.