営業(MR・MSなど)の薬剤師求人

営業(MR・MSなど)の薬剤師求人

薬剤師の資格を持つ方が、転職をして営業職に就くということがあります。営業職というのは、具体的にはMS(マーケティングスペシャリスト)やMR(メディカル・レプレゼンタティブ)があります。これらの営業職は、医薬品の流通に大きく関わる職業です。

まずMSは、医薬品卸販売担当者の事を指します。主に病院や調剤薬局などへ、自社の医薬品を販売しにくる仕事です。販売を行う際には、販売価格の交渉もMSが行います。さらに、医薬品に関する細かな情報提供を行うのもMSの仕事の一つです。そしてもうひとつの営業職であるMRは、MSと同様に医薬品の情報提供などを行いますが、MRの場合は特に自社製品に対する知識が要求されます。その医薬品の正しい使用方法から効果や副作用、宣伝など必要な情報は多いので、薬剤師としてのスキルが役立てられます。MSとMRは似て非なる職業ですが、実際の現場では協力し合って業務を進めることもあります。

MSになると、営業でたくさんの医療関係者、特に医師とのつながりを築く事ができます。また、医療施設の開業に関する知識も得る事ができますので、将来役立てることができます。もし、MSになる際に薬剤師の資格を持っていれば、年収のベースアップも期待ができます。ただし、営業職ですので成績次第で給与の変動がありますし、ノルマが課されることもあります。営業の仕事にとって顧客は重要な立場にありますので、顧客の希望とあれば休日出勤や残業もやむを得ない場合があります。

一方MRも、一般的な薬剤師と比べて給与は高めになっていますが、それは営業成績次第になります。薬剤師の資格を持っていて、良い成績を修める事ができれば、年収800万円以上も可能です。営業で成績を上げる為には、顧客との信頼関係の構築も重要です。MRの勤務形態は基本的に土日休みであることが多く、カレンダー通りの休みが取りやすいため、待遇面では恵まれています。福利厚生も医療関係なだけあってしっかりしています。よって家庭を持つ薬剤師でも就きやすい仕事です。

ただ、MRになると薬剤師としての知識を活かせる場面はあるものの、それほど必要という訳ではないので、十分に活かしきれないと感じることがあります。営業職なので調剤を行うこともありませんから、そうした感覚やスキルを磨くことは難しいでしょう。ですから、もし将来的に薬剤師としての力を発揮したいのであれば営業職は向きません。営業職に就く場合には、将来的な事も考えた上で行動を起こしましょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.