夜間のみの薬剤師求人

夜間のみの薬剤師求人

薬剤師求人の中には、夜間のみに限定された求人があります。薬剤師が夜間のみの仕事というのは、例えば病院の夜勤であったり、夜間営業しているドラッグストア、調剤薬局などがあります。こうした求人は基本的に正社員雇用ではなくアルバイトやパート勤務が多くなっています。正社員の薬剤師は、基本的に昼間の勤務限定で家庭がある方もいますので、夕方以降は退社してしまいます。しかし、現在は病院やドラッグストアも夜間対応しているところが増えており、特に都心部ではそうした施設で夜間の薬剤師需要が高まっているのです。しかし、まだまだ夜間対応できる薬剤師がしっかりそろっている薬局は少なく、求人情報を見ると短時間ですが好条件での募集が見受けられます。

はじめに夜間の病院勤務をする薬剤師は、医薬品の管理からデータ入力や書類作成が主な作業となります。また状況に応じて調剤を行ったり、服薬指導や注射薬の作成なども行います。こうした業務が発生するのは、小さな個人病院ではなく総合病院や救急病院などとなります。ドラッグストアに比べると、夜間求人の数は少ないです。次にドラッグストアですが、こちらは地域によってはコンビニエンスストアよりも店舗数がある為、夜間の薬剤師を募集しているところもたくさんあります。

店舗により深夜までの営業だったり、24時間営業のところがあります。深夜にどうしても働きたい薬剤師の方は、ドラッグストアが一番簡単に求人が見つかります。最後に調剤薬局ですが、こちらも近頃深夜営業や24時間営業を行っている店舗が増加してきています。今後もこうした店舗は増加する傾向にあるので、調剤薬局経験者にはオススメです。

夜間に働く薬剤師ですが、その給与はどのようになっているでしょうか。当然昼間働く方よりも高い金額が設定されています。例えば、昼間のアルバイトなら時給2000円前後のところ、夜間になると3000円前後まで上がるところもあります。そうなると、夜勤限定でフルタイムで働いた方が昼間よりも多く稼げる計算になります。しかし、夜勤の薬剤師の仕事は基本的に多忙であることが多いこと、そして生活リズムが逆転してしまうことなどを考えると、容易なものではありません。自分の体力と相談してどの程度働けるかを見極めましょう。また、夜間は薬剤師の配置人数が少なく、1人となる場合もあります。つまり、すべての業務と対応を自分のみで行える知識とスキルが要求されるという事も覚えておかなくてはなりません。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.