契約社員の薬剤師求人

契約社員の薬剤師求人

雇用形態の中には、契約社員というものがあります。薬剤師の転職も含めて、最近は契約社員で求人を出す企業や医療機関なども増えています。その背景には、やはり不況という問題があるでしょう。

正社員とは異なり、契約社員は一定期間の雇用契約期間が決められています。その多くは、6ヶ月・1年・3年のいずれかになるでしょう。この契約期間が満期になると、その後も継続就業するかどうかを改めて決めることになります。この点は、派遣就業の契約更新に似ているかもしれません。あなたが「ここでは、もう働きたくない」と思えば、契約満了のまま退職することも可能です。もちろん継続希望を出せば、また同じだけの期間契約が延びていくことになります。

ただし逆に、就業先もあなたに継続就業してもらうかどうかを決めることができます。例えあなたが「就業したい」といっても、就業先から「もう契約は終了です」といわれれば、継続就業することはできません。お互いが選べるということですが、長く働きたいと望む人にとっては、この点が契約社員のデメリットとなるでしょう。

不況の影響で、企業や医療機関もなかなか将来を見据えた経営戦略が立てられなくなっています。リストラが多く騒がれているように、企業が資金難となってしまえば、いずれそうしたリストラ政策などをとらざるを得ないのです。しかし雇用側としても、せっかく社員として頑張ってくれている人をリストラすることは、本意ではないでしょう。そのため、最初から長期就業を前提とした正社員ではなく、契約社員として採用を行うことが多くなっているのです。

但し契約社員採用の中には、正社員登用の可能性有りとしているところもあります。本当に良い人材であれば、契約社員より正社員として抱えておきたいというのも、雇用元の考えなのです。なぜなら契約社員の場合は先に挙げたように、例え雇用元が「もっと働いていて欲しい」といっても、社員側から退職を決めることができてしまうからです。そのため正社員を目指している方でも、契約社員からのスタートは1つの選択肢として考えても良いといえるでしょう。

正社員と契約社員とでは、給与や福利厚生面にも多少違いが生まれることもあります。例えば得られる手当が異なったり、福利厚生サービスの利用範囲に差があったりといった具合です。もちろん同一にしている場合もありますので、事前に確認しておく必要があります。就業してみたら、隣に座っている正社員と大きな差がある・・・というのでは、モチベーションにも関わってくるでしょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.