管理職候補の薬剤師求人

管理職候補の薬剤師求人

薬剤師としてキャリアアップしたいと思って転職活動するのなら、管理職候補の求人をチェックしてみると良いでしょう。管理職、ドラッグストアの場合は、店長として仕事をする前の準備期間のような求人です。管理職候補の案件は、日本全国で出ています。しかし、その中でもたとえば東日本であれば、東京や横浜市、川崎市のような大都市で頻繁に募集の出ている傾向が見受けられます。

ところで、管理職候補とは具体的にどのような仕事をするのでしょうか?調剤薬局やドラッグストアの場合、まず調剤業務や服薬指導、薬歴管理といった薬剤師の本業を担当します。また、患者やお客さんの相談を受け付け、相談内容に応じたアドバイスもします。その他に、店舗の管理業務を担当する形になります。具体的には、店内の在庫管理や発注業務などが任されます。発注業務は多すぎても少なすぎても店の経営に影響が出るので、適度な量を注文しなければなりません。

大手のドラッグストアの場合、管理職候補としてエリアマネージメントを担当する人材を募集しているケースも見受けられます。一定の範囲にある複数の店舗を統括するポジションでの仕事になります。それぞれの店舗の店長やスタッフなどから意見などを聞き、効率的に業務を進めるためにはどうすれば良いか、先頭になって指示を出していきます。自分の意見を押し付けるだけでなく、現場の声を吸い上げてそれを反映させるようなバランス感覚を持った人材が求められる傾向が見受けられます。

企業薬剤師の募集の中にも、管理職候補を募集する案件がしばしば出ています。クオリティ・コントロールという役職名で募集している案件もあって、複数のプロジェクトの責任者として業務に当たります。当初の予定通りにプロジェクトが進捗しているかどうかの管理や人的なリソースのマネージメントなど、薬剤師本来の業務とはまた違った仕事を担当します。その他にも治験を行っている業者の場合、治験コーディネーターとして治験が行われている間、全面的にサポートする求人も見られます。臨床試験の管理職候補の場合、臨床試験後の市販後臨床試験や製造販売後のリサーチといった多方面にわたってカバーすることになるでしょう。

薬剤師の管理職候補の募集ですが、給料にはかなりばらつきがあります。同じ案件でも年収450〜800万円くらいに幅広く設定されているケースも珍しくありません。その人の経験や能力を見て、個別に設定する形になるでしょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.