漢方の薬剤師求人

漢方の薬剤師求人

薬剤師の取り扱う医薬品ですが、西洋医学に基づくものが多いです。調剤薬局でもドラッグストアでもほぼ、西洋医学の医薬品を取り扱います。しかし中には漢方薬局もあって、こちらで勤務している薬剤師の方もしばしば見られます。漢方薬局で勤務する場合、今まで調剤薬局やドラッグストアで勤務していた人は勝手が少し違うと感じるかもしれません。漢方薬局では漢方相談と言って、患者から症状などについてのヒアリングを実施します。ヒアリングの中には、普段のライフスタイルとか性格など、患者個人のことを詳細に聞くため、1〜2時間くらい時間がかかるといいます。ですからコミュニケーションスキルに長けていないと、漢方薬局でなかなか活躍できないでしょう。

そして薬剤師の資格だけでは、漢方薬局で仕事ができないかもしれません。というのも漢方生薬の調剤や販売をすることもありますが、これらの活動をするためには漢方薬・生薬認定薬剤師の資格が必要だからです。漢方薬・生薬認定薬剤師は、日本薬剤師研修センターが開催している漢方薬・生薬研修会で所定の単位を履修して、試問を受け合格します。その上で要求された書類を提出して、認められる資格となります。もし漢方薬局で本格的にこれからのキャリアを積み重ねていきたいと思っているのなら、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格をまずは取得しましょう。

西洋医学では、症状別で対応する医薬品を決めます。しかし東洋医学の世界では、その人の体質なども見てオーダーメイドで漢方を調剤することが多いです。このため、先ほど紹介したような何時間ものヒアリングを実施します。また、それぞれの人に適切な漢方薬を提供するためには、個別の生薬の効能から副作用まで広く理解していないといけません。

漢方薬局に転職を希望するのであれば、勤務先情報を詳細に把握することが大事です。漢方を専門的に取り扱っている薬局もありますし、提携病院で漢方を扱っていて、それに対応するために処方せんに基づいた調剤をする案件も見られます。後者の場合、普通の調剤薬局と業務はあまり大きな違いはなくなります。西洋の医薬品か漢方かだけの違いで、処方せんをチェックして調剤を行い、服薬時の注意点などをするのが主な業務になります。漢方薬局での経験は、今後さらに転職するときでも有利になる可能性はあります。例えばドラッグストアでも漢方を取り扱っているお店もあって、お客さんにアドバイスできるということで、採用される公算が大です。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.