扶養内勤務歓迎の薬剤師求人

扶養内勤務歓迎の薬剤師求人

薬剤師として働く方は、多くが女性です。また、その中には結婚や出産、子育てで一度退職したけれど、子育ても落ち着いたので復職したという方も多く働いています。そうしたパートの薬剤師の方がよく気にしているのが扶養内勤務です。扶養内勤務とは、既婚女性で夫の扶養の範囲内で働くことを意味します。この扶養の範囲というのは、税金と社会保険の2つがあり、まず税金については103万円の壁があります。夫と妻両方が働いている場合で、妻の年収が103万円以下の場合に限り、夫の所得から配偶者控除として38万円を差し引くことができます。もし、妻の年収が103万円を超えてしまった場合、年収が141万円以下の場合には配偶者特別控除を利用することで、それほど大幅な増税とはなりません。

もうひとつの壁である130万円の壁ですが、こちらは社会保険の被扶養者になる為のボーダーラインとなります。現在は、妻の年収が130万円未満であれば、被扶養者として社会保険に加入できます。年金についても、保険料負担なしで基礎年金の受給が可能です。妻の年収がそれぞれの壁を大幅に超える場合は気になりませんが、少々超えてしまうという場合には、結果的に損になってしまうことがある為、既婚の薬剤師は配偶者控除の受けられる扶養範囲内で働くことを希望します。

このようにさまざまなメリットを受ける為、扶養範囲内で働きたいと希望する薬剤師は多いです。しかし、薬剤師はスーパーのレジ打ちのパートなどと比べて非常に給与が高いです。その為、アルバイトやパート勤務であっても年収をきちんと計算しなければ、すぐに壁を越えてしまう可能性が高いのです。では、扶養内勤務を実現するにはどうすればよいでしょうか。まず第一にあらかじめ年収の予測をし、計算することです。

しかも、すべて計画通りにすすめられるかどうかはわかりませんので、壁となる金額より少し余裕を持って考えることをオススメします。次に、求人探しですがこの時点で、扶養内勤務を希望するとしっかり伝えましょう。扶養内勤務を理解してくれる職場であれば、収入に合わせて調整を行ってもらうことも容易です。反対に、扶養内勤務の希望を伝えずに勤務を初めてから希望を伝えても、人員数の都合や配置などの関係で希望が通らなくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。働きすぎてしまうと、収入が増えるどころか返ってマイナスとなってしまうこともあります。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.