育児休暇ありの薬剤師求人

育児休暇ありの薬剤師求人

女性の方で将来の結婚・出産を考えて、育児休暇ありの職場に転職したいと考える人も多いです。求人情報を見ると、日本全国で育児休暇ありとうたっている募集はあります。しかし育児休暇ありと言っても、実際に取得できるかどうかはまた話が別です。そこで、育児休暇ありの職場を希望するのなら、産休や育休の取得実績のある募集を見つける必要があります。

薬剤師の勤務している職場を見てみると、育児休暇ありでも、もはや制度自体が形骸化してしまっているところも結構あります。このため、育児休暇を申請したいけれども周りの空気がなかなか手続きできない職場も見られます。利用されたケースはほとんどなく、それでも無理を言って産休や育休をとると復職した後に思うように昇進できないとか、自分の希望していない部署に配属されてしまったといった事例も見られます。その結果、自分から退職せざるを得なくなった薬剤師も少なくありません。

育休の取得実績のある職場を見つけるためには、まず対象の店舗や企業の規模の大きさをチェックしてみることです。大手の方が一般的な傾向として、育休制度を導入しているところが多いです。大手の場合、勤務しているスタッフが多いですから、1人育休で当面抜けたとしても他のスタッフでその穴を埋められる公算が高いです。ところが小規模な薬局や個人経営の職場の場合、1人スタッフが抜けると大きいです。他のスタッフの仕事の負担がかなり大きくなります。このため、なかなか育休を言い出せない雰囲気があるとか、育休を取得できても職場復帰をやんわりと断られてしまうケースもあるようです。もちろん小規模の職場でも、育休をしっかり与えているところもありますが、かなり慎重に実績などをチェックしないといけないでしょう。

安心して育休を取得したければ、チェーン展開している大手の薬局やドラッグストア、製薬や治験企業のような所の方が安心です。その他には、ママさん薬剤師に対するサポートがどうなっているかも育休取得実績を推測するうえで重要な判断材料になります。たとえば時短勤務と言って、育児をしている薬剤師を対象に1日通常8時間勤務のところを6時間勤務にする制度です。仕事の負担を軽減することで、育児や家事も無理なくできるようにした制度です。その他には、パパ・ママ育休プラスと呼ばれる制度を導入しているかどうかもチェックポイントです。夫婦2人で育休をとった場合、通常1年の育児休業を1年2か月まで延長できる制度となります。このようなママさん薬剤師にとって優しい制度を導入しているかどうかを見てみましょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.