派遣の薬剤師求人

派遣の薬剤師求人

最近ではすっかり定着した、派遣という働き方。薬剤師の就業においても、この派遣就業という形態は増えています。しかし正社員や契約社員などと比べると、派遣就業は異なる点が多くあります。安易に派遣就業を決めてしまうのではなく、あらかじめ予備知識を持っておく必要があるでしょう。

派遣という就業形態は、就業先の企業や医療機関などとの間に雇用関係はありません。雇用関係は、あくまで派遣元となる派遣会社との間にあるのです。給与の支払なども、派遣元から行われます。そのため派遣での就業を希望する場合には、まず派遣会社へ「登録」する必要があるでしょう。この登録には、ほとんどの派遣会社で決った手順があります。まずインターネットや電話などで連絡を入れ、実際に派遣会社へ行って面談登録を行うのです。この際に薬剤師の場合には、薬剤師免許のコピーが必要になります。薬剤師免許を持っていることを証明しなければ、薬剤師しか行えない業務への派遣はできません。

登録を行うと、その場、あるいは後から求人情報を紹介されます。就業先名や給与、勤務時間といった詳細情報をもとに、働きたいかどうかを回答します。しかし、いくらあなたが「働きたい」といっても、100%そこで働けるわけではありません。多くの派遣求人は、複数の派遣会社に出されています。そのため先に手を挙げた薬剤師がいれば、先に就業者が決定してしまうことがあるのです。派遣会社の独占求人というものは、今ではほとんどないでしょう。

また就業の前に、もう1つ注意があります。それは、派遣先(求人元)との「面談」です。恐らくほとんどの場合、就業前に面談が実施されるでしょう。もしくは派遣会社によって、「顔合わせ」「打合せ」という呼び方がされることがあります。ここで覚えておくべきことは、派遣の場合は面接選考をしてはいけないということです。しかし実際には、面接に近いような行為が面談で行われていることもあります。これは派遣法違反ですので、そういったことが行われないかは事前に良く確認を取っておいて下さい。

いざ就業開始となれば、あなたは直接派遣先に出社勤務することになります。ただし多くの場合、派遣は3ヶ月程度の更新制となります。契約終了の1ヶ月前までに派遣会社から連絡が入り、更新したいか、つまり継続して就業したいかの意思確認をされるでしょう。ただし契約ですので、場合によっては「もう就業しなくてよい」と派遣先側から言われてしまうこともあります。こうしたリスクがあるのも、派遣という就業形態の特徴です。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.