薬剤師の転職先の様々な業種

このページでは「薬剤師の転職先の様々な業種」について紹介します。

調剤薬局

薬剤師の求人の中で一番多いのは調剤薬局ですが、調剤薬局についてはTOPページでまとめてありますのでチェックしてください。

病院

薬剤師の求人の中で病院勤務の薬剤師の募集があります。今まで病院勤務の薬剤師の業務と言えば主に調剤でしたが、院外処方に変わって、調剤薬局への移行がされてから業務の内容も変わってきました。

病院勤務の薬剤師の業務とは、多くが病棟での入院患者さんへの服薬指導や、一番適した薬の種類・量などを医師と検討して出していくなど、チーム医療の一因としての役割を求められる高度な仕事になります。他にも製剤や医薬品の管理、薬剤管理指導など幅広い業務があります。

薬剤師をしている人の中でも病院勤務は人気で、調剤薬局から転職する人も多いです。お給料はさほど変わらないと言えますが、受身になりやすい調剤の仕事と違い、患者さんのために自分の薬の知識を出すことができるという、積極的に自分の知識を役に立てたいという人が多いのかもしれません。

病院勤務の薬剤師に求められるものは、薬の知識はもちろんですが、一番はコミュニケーション能力です。入院患者さんの服用している薬のチェックや、薬のアレルギー、薬の相性、また薬をきちんと飲めているかどうかなどを、常に会話をしながら考えていく必要があるからです。さらにこれから飲む薬の効果や副作用などを相手に理解してもらえるように説明する必要があります。ただチェックや説明するのではなく、患者さんとの会話の中から、薬に対する不安に感じている事などを取り除いて安心して服用していくようにしていくという事です。例えば、錠剤が飲みにくかったら粉薬にしたり、患者さんがどうして処方された薬を飲めないのか、飲みやすくなるのにはどうしたらいいのかなどを考えていきます。副作用が怖かったり、効果がよくわからない人には、医師と連携して説明をするなど、医療目線でなく、患者さん目線で会話ができる人がむいていると言えるでしょう。

調剤薬局などでは、自分の調剤した薬がどのように効果をあげて、患者さんが元気になったのかを見ることはありませんが、病院では患者さんの姿で、自分の仕事が役に立っていると目に見てわかるので、やりがいを感じる事は間違いありません。

病院勤務の場合には、仕事内容から言って、フルタイムで働くように感じますが、就業時間が早い病院が多いので、主婦や子育てママさんにも人気が高いです。ただ病院勤務の場合は、欠員が出た場合でしか求人が出ることがないので、日頃から転職サイトをいくつかこまめにチェックしておかないと、なかなか目にする事ができないかもしれません。

クリニック

薬剤師の求人でクリニックでの薬剤師募集というのを見かけます。クリニックとは、個人病院の事で、院長先生が自分で開業した病院の事を指します。クリニックと言っても、医師一人に看護婦さんが一人のような小さな所から、医師が数人で看護婦さんも数十人で入院完備している病院までさまざまです。

ほとんどのクリニックは院外処方で、薬を出すようにしますが、中には処方箋をもらわないで、直接薬をもらえる病院があります。歯科などでは会計と一緒に薬をもらう事もあります。そういった場合には治療という名目でもらえる事ができるのです。ここ最近ではきちんと専門的に薬剤師を入れて、院内で処方するクリニックも多いです。薬剤師が調剤をして、会計時に渡すというものです。また会計する場所の隣に、薬を処方するスペースを設けているクリニックもあります。その中で薬の効果や副作用などの説明、入院施設を完備している場合にも薬を処方するのは薬剤師の役目です。ここ最近では、院内処方の薬剤師の人数を増やすクリニックも多くなってきています。

クリニックでの薬剤師の求人の場合は、クリニックとの直接雇用の場合と、企業を通しての雇用の場合があります。病院薬剤師に就きたいけど、大きな病院では業務も多い事から大変だという人、クリニックはアットホームな場所が多いので融通が利きやすいというメリットもあります。しかも病院薬剤師としての経験を積むこともでき、医師との連携も出来やすいので、自分の薬の知識や経験を活かして仕事ができる場所と言えます。

クリニックでの募集勤務時間は午前中のみだったり、夕方までだったりと割と決まっているので、パートで働きたい主婦や子育てママさんにも働きやすい場所になっています。求人でクリニックの募集はなかなか見つけにくいと言われています。しかし薬剤師募集のサイトなどでこまめにチェックしていると、割といい条件のクリニックに出会える事が多いです。もしサイトで募集が少ない場合は歩いて近くのクリニックを回ってみるのも一つです。意外に多くのクリニックで薬剤師募集の広告を出している所が多いのです。薬剤師自体の人数がそんなに多くないので、それでも求人は少ないと言われていますが、タイミングが合えばうまく就職する事ができます。他の薬剤師に比べて若干お給料が少ない場合もあります。パートと同じ感覚で雇われている事が多いからでしょう。ブランクがあったり、少し自由に仕事がしたい人、さらに人と接するのが好きな人には、クリニックの薬剤師が適しているでしょう。

調剤併設OTC

薬剤師の職種の中でOTC販売というのをよく見かけると思います。OTC販売とは、試薬品を店舗で売る薬剤師の事を指します。薬局をやるのには、一店舗に付き、必ず一人薬剤師を置かなくてはなりません。市販薬や医薬部外品を売る場合には薬剤師は必ず配置すると薬事法で決まっているからです。

ドラックストアなどで、白衣を着ている人がいますが、その人がOTC販売の薬剤師です。例えば、ドラックストアに来たお客さんが、「頭が痛いのですが、どの市販薬がいいのでしょうか?」と聞いてきた時に、その薬をお勧めするという役割になります。頭が痛いけど、胃が弱いので胃に優しいものがいい、などの質問された時にすぐにお勧めできる薬の知識が必要です。もちろん、市販薬に書かれている成分についても詳しくなければなりません。これは国家試験に合格している薬剤師の人であれば、問題なくできるでしょう。サプリメントのお勧めができるのも薬剤師の役割です。

コミュニケーション能力を発揮して、お客さんの健康をアシストできるというやりがいを感じる仕事になるでしょう。しかし実際にはOTC販売だけでは、薬に関わる仕事は多くないです。どちらかというと、ドラックストアなどでは、普段の事務や品出しや仕入れ、掃除などほとんど店員さんと変わらない仕事をすることが多いです。中には調剤併設している薬局でのOTC販売をする事もあるので、そちらの方が薬やお客さんの関わりは多いでしょう。

OTC販売だけの求人は多くが40代以上の人が多く働いていると言います。調剤薬局などで働くのには自信がない、就職が難しいといった人が多いのかもしれません。

もしOTC販売にも興味があるのなら、調剤併設している薬局で求人を探してみるといいでしょう。中には就職してからOTC販売のやり方を教えてくれる薬局もあります。OTC販売は経験しておくと、次に転職するときにも幅が広がります。経験としても大きいです。さらに調剤だけよりも、OTC販売が加わるとお給料が高いのも魅力の一つです。これから調剤と併設してOTC販売をする薬局が増えてくると言われているので、求人も多くなってくるでしょう。。また未経験でも募集している薬局も多いです。

調剤併設のOTC販売の薬剤師の求人をさがすのには、薬剤師の求人サイトなどで見つける事が出来ます。自分の条件に合った薬局を紹介してくれるほか、契約までコンサルタントの人が相談に乗ってくれます。国家試験を受験している最中でも登録する事ができるサイトもあります。

ドラッグストア

薬剤師の求人にドラックストアがあります。ドラックストアの薬剤師には調剤業務はありません。主に市販薬や医学部外品、サプリメント、健康食品となどの販売になります。市販薬を販売する事をOTC販売と言います。

ドラックストアにも薬剤師は必要になります。市販薬でも薬を売るという際には、薬事法で必ず薬剤師を配置する事が決まっているのです。ただこれからは、登録者であれば薬剤師なしに販売できる薬も出てくるという法律もできています。もしかするとドラックストアでのOTC販売のみの薬剤師の募集は減ってくるかもしれません。

ドラックストアなどで、白衣を着ている人がいますが、その人がOTC販売の薬剤師です。例えば、ドラックストアに来たお客さんが、「頭が痛いのですが、どの市販薬がいいのでしょうか?」と聞いてきた時に、その薬をお勧めするという役割になります。例えば、「頭が痛いけど、胃が弱いので胃に優しいものがいい。」などの質問された時にすぐにお勧めできる薬の知識が必要だからです。もちろん、市販薬に書かれている成分についても詳しくなければなりません。これは国家試験に合格している薬剤師の人であれば、問題なくできるでしょう。サプリメントのお勧めができるのも薬剤師の役割です。ドラックストアに就職するためにサプリメントアドバイザーの資格をとる人もいます。

実際にはドラックストアのOTC販売だけでは、普段の事務や品出しや仕入れ、掃除などほとんど店員さんと変わらない仕事をすることが多いです。

しかしコミュニケーション能力を発揮して、お客さんの健康をアシストできるというやりがいを感じる仕事になるでしょう。花粉症の流行る季節や風邪が流行る季節など、そういったニーズを考えて仕入れをするなど、常にアンテナを張っておく必要があります。

OTC販売だけの求人は多くが40代以上の人が多く働いていると言います。調剤薬局などで働くのには自信がない、就職が難しいといった人が多いのかもしれません。また、ドラックストアに就職する人の多くは、店長クラスまで行くことを見込んで就職する人が多いです。ドラックストアの薬剤師の人は、一般企業と同じくらいのお給料ですが、店長クラスまでいけば年収700万前後くらいまでもらえるようになるからです。勤務時間の長いドラックストアもありますが、シフト制を取り入れている店舗であれば、自分の自由な時間を取りながら働ける場でもあります。もちろんドラックストアに就職した時に、調剤業務がなくても薬剤師としてならば、薬剤師手当ももらえます。

製薬企業

一般に製薬会社は大手企業が多く、年収や待遇なども比較にならないほど厚遇されているようです。そのため新卒や転職の求職者からは、変わらぬ人気職場となっています。

製薬会社の薬剤師の仕事は、大きく3つに分けられます。一つは新薬などの研究部門、もう一つは自社製品の販売促進などの営業(MR)部門、三つ目は薬事業務に集約される事務部門です。

三つの部門を概観してみましょう。

まず研究部門は、新薬の開発などが主な仕事です。一口に新薬といっても、完成までは10年15年の長いスパンで行われています。研究部門は、いわば「明日の企業」の存続がかかる超重要な部署になります。研究部門での採用は極少、しかも大学院卒は当たりまえで同僚には博士号取得者がゴロゴロ存在するという超エリート軍団のようです。薬学を専攻したからには研究に関わりたいという希望者は、最低でも大学院を修了しておきたいものです。一般求人はほとんどありません。ちなみに研究部門応募の条件は薬剤師である必要はありません。むしろ薬学部卒業者だけでなく化学など理学部卒業者が多数を占めているようです。

次に営業部門。自社製品の薬を売る営業は、まさに製薬会社の花形です。薬剤師の有資格者だけでなく多くの薬学部卒業者が製薬企業に進出しています。仕事の内容は、自社製品の販売だけでなく既存の薬剤や新薬について、幅広い情報と深い知識が要求されます。この部門も薬剤師の資格を必要としていません。

求人は毎年、新卒者を対象に行う企業が多く、転職による採用は少ないのが現実です。しかし皆無ではないので、製薬企業への転職希望者は非公開求人を中心にマメに目を通しておきましょう。ただしハードルは高いようです。ちなみに製薬会社の求人に対応させて、薬学部では薬学の知識と技術を合わせ持った人材の育成コースを設置している大学もあります。

最後に事務部門。事務部門といっても、製薬企業の場合は経理や総務という部門ではなく、薬事業務として部署が設置されています。製薬企業には多くの法的な設置基準が課せられています。また新薬その他では各行為に申請書が必要です。

薬事部門では、承認申請業務や添付書類の作成、新薬開発や医薬品開発に関しては初期段階からのプラン作成、厚生労働省との折衝なども薬事部門の業務になります。この部門も薬剤師である必要はありませんが、薬学に関する幅広い造詣、新薬・既存の薬に対する幅広く深い専門知識が要求されます。毎年、多くの薬剤師資格者と薬学部の卒業生が進出しています。しかし、絶対的な求人数は少なく、なかには就職浪人組も出現するほど人気の業種となっています。

製薬企業のいずれの部門を希望するにしても、新卒・転職に対するハードルは高く、希望者は入社試験の過去問や傾向などしっかり調べる万全の対策が必要でしょう。

臨床開発モニター<CRA>

薬剤師の求人にドラックストアがあります。ドラックストアの薬剤師には調剤業務はありません。主に市販薬や医学部外品、サプリメント、健康食品となどの販売になります。市販薬を販売する事をOTC販売と言います。

ドラックストアにも薬剤師は必要になります。市販薬でも薬を売るという際には、薬事法で必ず薬剤師を配置する事が決まっているのです。ただこれからは、登録者であれば薬剤師なしに販売できる薬も出てくるという法律もできています。もしかするとドラックストアでのOTC販売のみの薬剤師の募集は減ってくるかもしれません。

ドラックストアなどで、白衣を着ている人がいますが、その人がOTC販売の薬剤師です。例えば、ドラックストアに来たお客さんが、「頭が痛いのですが、どの市販薬がいいのでしょうか?」と聞いてきた時に、その薬をお勧めするという役割になります。例えば、「頭が痛いけど、胃が弱いので胃に優しいものがいい。」などの質問された時にすぐにお勧めできる薬の知識が必要だからです。もちろん、市販薬に書かれている成分についても詳しくなければなりません。これは国家試験に合格している薬剤師の人であれば、問題なくできるでしょう。サプリメントのお勧めができるのも薬剤師の役割です。ドラックストアに就職するためにサプリメントアドバイザーの資格をとる人もいます。

実際にはドラックストアのOTC販売だけでは、普段の事務や品出しや仕入れ、掃除などほとんど店員さんと変わらない仕事をすることが多いです。

しかしコミュニケーション能力を発揮して、お客さんの健康をアシストできるというやりがいを感じる仕事になるでしょう。花粉症の流行る季節や風邪が流行る季節など、そういったニーズを考えて仕入れをするなど、常にアンテナを張っておく必要があります。

OTC販売だけの求人は多くが40代以上の人が多く働いていると言います。調剤薬局などで働くのには自信がない、就職が難しいといった人が多いのかもしれません。また、ドラックストアに就職する人の多くは、店長クラスまで行くことを見込んで就職する人が多いです。ドラックストアの薬剤師の人は、一般企業と同じくらいのお給料ですが、店長クラスまでいけば年収700万前後くらいまでもらえるようになるからです。勤務時間の長いドラックストアもありますが、シフト制を取り入れている店舗であれば、自分の自由な時間を取りながら働ける場でもあります。もちろんドラックストアに就職した時に、調剤業務がなくても薬剤師としてならば、薬剤師手当ももらえます。

治験コーディネーター<CRC>

薬剤師の求人にドラックストアがあります。ドラックストアの薬剤師には調剤業務はありません。主に市販薬や医学部外品、サプリメント、健康食品となどの販売になります。市販薬を販売する事をOTC販売と言います。

ドラックストアにも薬剤師は必要になります。市販薬でも薬を売るという際には、薬事法で必ず薬剤師を配置する事が決まっているのです。ただこれからは、登録者であれば薬剤師なしに販売できる薬も出てくるという法律もできています。もしかするとドラックストアでのOTC販売のみの薬剤師の募集は減ってくるかもしれません。

ドラックストアなどで、白衣を着ている人がいますが、その人がOTC販売の薬剤師です。例えば、ドラックストアに来たお客さんが、「頭が痛いのですが、どの市販薬がいいのでしょうか?」と聞いてきた時に、その薬をお勧めするという役割になります。例えば、「頭が痛いけど、胃が弱いので胃に優しいものがいい。」などの質問された時にすぐにお勧めできる薬の知識が必要だからです。もちろん、市販薬に書かれている成分についても詳しくなければなりません。これは国家試験に合格している薬剤師の人であれば、問題なくできるでしょう。サプリメントのお勧めができるのも薬剤師の役割です。ドラックストアに就職するためにサプリメントアドバイザーの資格をとる人もいます。

実際にはドラックストアのOTC販売だけでは、普段の事務や品出しや仕入れ、掃除などほとんど店員さんと変わらない仕事をすることが多いです。

しかしコミュニケーション能力を発揮して、お客さんの健康をアシストできるというやりがいを感じる仕事になるでしょう。花粉症の流行る季節や風邪が流行る季節など、そういったニーズを考えて仕入れをするなど、常にアンテナを張っておく必要があります。

OTC販売だけの求人は多くが40代以上の人が多く働いていると言います。調剤薬局などで働くのには自信がない、就職が難しいといった人が多いのかもしれません。また、ドラックストアに就職する人の多くは、店長クラスまで行くことを見込んで就職する人が多いです。ドラックストアの薬剤師の人は、一般企業と同じくらいのお給料ですが、店長クラスまでいけば年収700万前後くらいまでもらえるようになるからです。勤務時間の長いドラックストアもありますが、シフト制を取り入れている店舗であれば、自分の自由な時間を取りながら働ける場でもあります。もちろんドラックストアに就職した時に、調剤業務がなくても薬剤師としてならば、薬剤師手当ももらえます。

漢方薬局

薬剤師の取り扱う医薬品ですが、西洋医学に基づくものが多いです。調剤薬局でもドラッグストアでもほぼ、西洋医学の医薬品を取り扱います。しかし中には漢方薬局もあって、こちらで勤務している薬剤師の方もしばしば見られます。漢方薬局で勤務する場合、今まで調剤薬局やドラッグストアで勤務していた人は勝手が少し違うと感じるかもしれません。漢方薬局では漢方相談と言って、患者から症状などについてのヒアリングを実施します。ヒアリングの中には、普段のライフスタイルとか性格など、患者個人のことを詳細に聞くため、1〜2時間くらい時間がかかるといいます。ですからコミュニケーションスキルに長けていないと、漢方薬局でなかなか活躍できないでしょう。

そして薬剤師の資格だけでは、漢方薬局で仕事ができないかもしれません。というのも漢方生薬の調剤や販売をすることもありますが、これらの活動をするためには漢方薬・生薬認定薬剤師の資格が必要だからです。漢方薬・生薬認定薬剤師は、日本薬剤師研修センターが開催している漢方薬・生薬研修会で所定の単位を履修して、試問を受け合格します。その上で要求された書類を提出して、認められる資格となります。もし漢方薬局で本格的にこれからのキャリアを積み重ねていきたいと思っているのなら、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格をまずは取得しましょう。

西洋医学では、症状別で対応する医薬品を決めます。しかし東洋医学の世界では、その人の体質なども見てオーダーメイドで漢方を調剤することが多いです。このため、先ほど紹介したような何時間ものヒアリングを実施します。また、それぞれの人に適切な漢方薬を提供するためには、個別の生薬の効能から副作用まで広く理解していないといけません。

漢方薬局に転職を希望するのであれば、勤務先情報を詳細に把握することが大事です。漢方を専門的に取り扱っている薬局もありますし、提携病院で漢方を扱っていて、それに対応するために処方せんに基づいた調剤をする案件も見られます。後者の場合、普通の調剤薬局と業務はあまり大きな違いはなくなります。西洋の医薬品か漢方かだけの違いで、処方せんをチェックして調剤を行い、服薬時の注意点などをするのが主な業務になります。漢方薬局での経験は、今後さらに転職するときでも有利になる可能性はあります。例えばドラッグストアでも漢方を取り扱っているお店もあって、お客さんにアドバイスできるということで、採用される公算が大です。

化粧品メーカー

薬剤師は、企業の研究開発職にも就業することができますが、だいたいはほんの一握りです。就業先としては化粧品メーカー、そして食品メーカー、化学品メーカーなどです。そして特に女性の薬剤師の人気が高いのが、化粧品メーカーの薬剤師職です。有名大手企業なら、その分待遇もいいですし、専門職としてそのスキルを活かして働き続けることができるでしょう。

新たな薬品を作り上げ、発売するのと同じように、化粧品会社のほうも新たな原料や、その材料の毒性、アレルギーテストなどは商品開発のうえで欠かせない仕事です。そしてその会社の化粧品に目指した効果があるか、また肌のトラブル、人体のトラブルを起こしたりしないか、ということをあらゆる方法で調べるというのが仕事です。もしクレームが来る様なことがあると、化粧品メーカーとしては致命的ですので、その部分をとくに念入りに調査してから、新製品の販売をすることになります。

ただし、化粧品メーカーはヒット商品を生み出すことで、相当な利益をあげることができる、そして比較的原価率が低く、広告、宣伝部分で多額の費用を使う面があるなどでほかの製造業とはすこし違った面があります。当たれば大ヒット、会社に大きな利益をもたらしますが、もしなにか問題がおこれば、化粧品メーカーとして一番大事にしているブランドイメージと製造業としての信頼が薄れます。

非常にやりがいがある仕事であるとともに、責任重大です。また国内系化粧品メーカーは比較的研究職を多くおく場合がありますが、もともと外資系メーカーだと、その母体が海外にあることもあって、日本支社においている薬剤師はかなり数がすくないか、極端な場合、日本支社では薬剤師を配置していないところもあります。すべてはマーケーティングや宣伝だけを設けている会社もありますから、すべての化粧品メーカーが薬剤師のポジションを用意している訳ではありません。

国内系にかかわらず、外資系でも企業研究職、薬剤師の転職はかなり限られていて、また人気のある職種ですので、まずはポジションに空きがあるかを確かめ、そして確実に転職活動を進めていく事です。転職エージェントに募集がされたら、すぐに知らせてくれるようにしておいたほうがいいでしょう。民間企業の研究職は、待遇もかなりいいので、薬剤師としてはかなり恵まれた職種です。英語が得意なら、外資系にチャレンジしてもいいのではないでしょうか。研究職で働いた職歴があったら、より転職に有利ですし、食品、化粧品、化学メーカー、関連職からの転職なら非常にスムーズでしょう。

医薬品卸会社

製薬業界は、製薬会社だけのものではありません。医薬品卸会社も当然製薬業界のなかで重要な位置を占めています。近年は、医薬品卸業者の再編が加速しており、買収や経営統合の話もひっきりなしです。これは製薬業界全体でも起こっている話で、お金と時間のかかる新薬の開発をするよりは、すでに世界的に知られている薬品や技術の特許をもっている会社を買収するほうが収益性があると考える製薬会社が増えてきています。製薬会社も経営面のほうからの判断をせざるを得ないのが、最近の傾向で、舵取りに必死になっていることがうかがえます。

医薬品卸会社の再編の理由は、おもに厳しい経営状態によるものです。売上利益率を考えると、かなり低い状態で、薬を売ってもあまり利益がでないような現状であったので、経営統合、M&Aなどでより会社の基盤を強め、競争力をつけるという選択は欠かせないでしょう。

医薬品卸業会の平均の給与はだいたい食品卸と同じくらいのレベルになっています。600万から700万前後でしょうか。そして医薬品卸会社に薬剤師資格を活かして就職、転職するにしても、厳しい競争のなか、なるべく待遇がよいところへ勤めるしかありません。品質管理や、薬剤師の資格が活かせる営業の仕事など探してみましょう。

ただし、薬剤師が多く勤める調剤薬局でも利益はほとんど見込めないのが現実で、つまり調剤薬局も何で利益を出しているかといえば、その技術料です。薬の販売によって利益を確保することが難しい現状が浮き彫りになっています。その調剤報酬自体も、国によって定められていて、自由には出来ない現状のなかで、医薬品卸業界の試行錯誤は続いています。

薬剤師としてどういった業界に就職するかということは非常に重要な決断です。将来を左右するともいっていいでしょう。もしその業界の内情や、就業環境に対して疑問や質問がある場合は、転職支援サイトなど、その業界や内情に詳しい人の説明を聞いて、より自分にあっていて、将来性や、これからの見通しが立てやすい業界にすすむのも一つの方法です。薬剤師といっても、製薬業者や医薬品卸ではなくても食品関係や化学系でも募集をかけているところは多いですから、就職、転職は、慎重にいきましょう。

医薬品卸会社に勤める場合もどこに配属されるかで大分その仕事の内容、つまりきつさは違うと思うので、年収やその職場環境、仕事の内容をよく吟味して仕事を探してみましょう。比較的、国内企業よりも外資系などで、給与は高くなっていますので、業界再編の行方を占い、それによって判断する、国内系だけではなく、外資系にも活躍の場を求めるというのも一つの方法かもしれません。

老健施設

老人保険施設と特別養護老人ホームというのは全く違います。老人健康施設、つまり老健施設は、リハビリをして、なるべく在宅で治療や介護を受けるようにする施設のことで、長期入所は原則的には受けていません。自宅と病院の間にあるような施設です。そして特別養護老人ホームというのは、在宅で生活できない人が入るところで基本的に入所してから介護を含めて継続的に住む事を前提に入るところです。

老健施設については、老人健康法、そして特養施設は、老人福祉法を前提にしているので、その施設のあり方には違いがあるのです。医療スタッフとして常勤の医師や看護師が配属されている老健施設とは違って、特養施設のほうは嘱託医に過ぎず、看護師もあまり多くありません。医療、治療の一部として考えられている老健施設と、人々に最後の住処として考えられている特養とは、その存在や目的が違います。

老健施設では、常勤の医師、そして看護師がいて、普通の医療施設として機能していますので、当然薬剤師の人材も必要なのです。そして、その施設の特徴から、分かりやすく、そして簡潔に薬のことを患者さんに説明してあげないといけません。

一つの医療施設に勤めることになりますし、そのシステム自体は、そう医療の現場とかわりません。施設としての役割がすこし違うので、その特徴を掴んでさえいれば、きっと病院や調剤薬局経験者であったら、全く問題なく職場に入ることができるでしょう。仕事内容としてはそう差異はないでしょう。

あと転職の際に問題になるとしたら、やはり待遇や年収ですが、その経営母体によってその部分は違ってきますので、だいたいの環境や労働状況、そしてお給料のことなどを調査しておきましょう。自分で調査する時間がない場合は、薬剤師専門、もしくは医療スタッフ専門の転職サイトなどを利用して、適切に情報を集めておくといいと思います。

これからの高齢化社会、医療の現場でもお年寄りと接することが非常に多くなってくることが予想されます。もしそうした老人医療施設に勤めることに興味があるのなら、願ってもいない人材です。普通の病院だけではなく、とくに老人と会話する、接するのが上手な薬剤師さんはそれは一つのスキルといっても過言ではなく、これからかなり大事になってくるでしょう。老健施設で働くにしても、病院、調剤薬局、ドラッグストアで働くことになっても、まずは薬剤師としての十分な知識と経験を身に付け、どこでもやっていけるようにスキルを磨いておきましょう。

保健所

薬剤師も保健所などでの需要があります。保健所の職員として、その管轄の薬局や病院の開設許可業務などを受け持ち、その他にもその管轄内の食品衛生の監視や環境、または衛生に関する分析業務などを行う役割があります。食中毒や伝染病などの調査は保健所で行ないますが、そういった保健所の仕事には、薬剤や病気、病原体などの知識に詳しい薬剤師が欠かせないということです。

よく夏場などに食中毒が話題になりますが、そうしたことが起こらないように注意を呼びかけたり、または食品メーカーやその飲食店をしっかり調査したりすることが保健所の役割です。薬剤師の仕事が保健所に仕事があるということはすこし意外な気がするかもしれませんが、いま大企業と人気を二分する公務員の仕事もぜひ検討するべきだと思います。

仕事内容としては、その市区町村の方針に従うことになりますが、それぞれの仕事内容、そして就業条件としては、各市区町村の採用に確認してみましょう。正規職員は、公務員試験があります。正社員だけではなく非常勤まで広げると、割に採用してくれるところはありそうです。また、市区町村以外では、薬剤師の転職サイトなどに頼んでおくと、スムーズに仕事が見つかることもあるようです。

保健所の薬剤師は、全国的にみてもそう求人数が多いわけでもなく、都道府県、そして市区町村によっては、登録のみしておいて、欠員がでたら徐々にオファーをだすような形で、医療スタッフを確保している場合があります。そうなると、結局は保険所で働くにもタイミング次第という側面もありますね。せっかくポジションに空きがでても、自宅からかなり遠いところにある場合、やはり通勤が厳しいですから、それなりに自宅に近いところで採用がまわってくることを祈るしかありません。自分の住んでいる地域、通勤できる範囲で仕事場が決まればかなりラッキーですよね。

また、転職エージェントに登録しておけば、保健所の仕事が来たときに紹介してくれるかもしれませんが、そのときにタイミングよく自分も転職活動中であるといいのですが、なかなかタイミングがあわない場合もあります。件数がすくない仕事の場合は、どうしてもこういったジレンマはつきものですね。また、入職後どのような仕事をすることになるのかは、場合によって異なり、謙虚に新しい仕事のやり方を覚えることが鍵でしょうか。民間とはかなり違う部分もあると思うので、まずは環境や仕事のすすめかたにも慣れるべきでしょう。新卒で試験を受け、保健所に入ることも可能ですので、まずはしっかりと調査が肝心です。正規の職員になるには、薬学分野の公務員試験をパスしないといけません。

ホスピス

ホスピスは、緩和ケア病棟と呼ばれる事も多く、最近の終末ケアのあり方が論議されるようになって、ますます注目を浴びている機関です。いわゆる終末医療や痛みのケアの為に働く薬剤師ですが、薬剤師としては在宅ホスピスの仕事も最近は注目を浴びています。ガンなど、完治の難しい病気、また普通病棟とは違った特別なトリートメントを行なうところとして、ホスピスは考えられるようになっています。

ホスピスはもともとは余命幾ばくもない患者のターミナルケアの場として考えられていましたが、いまではそのケアの内容やクオリティによって、患者に選ばれる時代になっており、在宅でこうしたケアを受ける事さえ可能になってきています。

従来ホスピスは、民間での運営が多かったのですが、最近では国公立の病院でもその開設が進んできており、この流れは全国各地に広がってきているようです。ここで治療される患者はガン、もしくはエイズなどで治療が難しくなった患者を対象としています。そうした施設の特徴からいっても、薬剤師として働く場合には、より緊張を強いられるところがあるかもしれません。

しかしながら、患者さんのホスピス入院中のQOLは、医師と看護師、また薬剤師などの医療スタッフの努力にかかっているといってもよく、患者さんの毎日のケアに真剣に取り組み、そして患者さん、医師とのコミュニケーションを通じて、終末医療という難しいことに取り組んでいかないといけません。確かにやりがいはありますが、ストレスが多い仕事であるのも確かなところでしょう。

ホスピスでの薬剤師の仕事は、当然そのホスピス毎に求人を出していることもありますし、当然薬学分野で公務員試験に合格し、病院配属で国公立病院で働く人、そして民間のホスピスで働く人など色々いるでしょう。これからの週末医療のあり方を模索し、より良いケアで患者さんを満足、そして痛みや苦しみからなるべく無縁であるように薬剤師としてできることをしましょう。仕事としては割にタフな分野に入ると思いますが、職務経験だけでなはく、よい人生経験として、その後のキャリアや人生に多くの影響をもたらすものであるのは間違いなさそうです。これからも週末医療のあり方、そしてホスピスは増えていくことが予想されていますので、薬剤師の活躍の場は広がるし、訪問薬剤指導という形態で勤めることも多くなるのではないでしょうか。ホスピスで働いた就業経験があったら、その後、普通の病院に転職の際でも、十分な経験があると認められることでしょう。一つの選択肢としてホスピス勤務を考えてみましょう。

都立病院

都立病院は、東京都内にある病院です。公立病院にカテゴライズされると思いますが、東京都の財政で運営されていること、最近では全国的に国公立病院の経費の削減が叫ばれていることもあって、運営は厳しい状態なのは確かでしょう。独立行政法人化した国立病院、そして都立病院も私立病院よりも経営の側面よりは都民の健康や治療の為に存在すると言う役割があり、その存在価値は大きいですが、その分、医療スタッフの負担が多くなる部分もあるかもしれません。ただし、私立病院の内情も、医療スタッフの不足から、そう大きな環境の違いはないといえ、そうなると公務員であることの福利厚生が目立ってよく見えるかもしれません。

都立病院の場合は、東京都のホームページや、もしくは、東京都病院経営本部というのがあり、そのホームページでもし欠員がある場合は常勤、そして非常勤などで薬剤師を募集しています。登録制度になっているので、まずは興味があったら、応募しておく、もしくは登録しておくことが早道です。

それ以外の方法としては、こうした直接採用にこだわることなく薬剤師の転職エージェントなどに登録しておきましょう。直接東京都の病院経営本部に登録していても、すぐに採用となるわけではないので、多かれ少なかれ待つ必要がでてきますが、もし都立病院以外の他の可能性も含めて転職先を検討しているのなら、まずは転職エージェント登録が早いと思います。

もともと薬剤師として調剤薬局や、ドラッグストアなど、より待遇や年収が良いところに勤めているのだったら、わざわざ病院に勤めることもないかもしれませんが、やはり働いたことがないと、その職場のメリット、デメリットがわかりません。薬局のキャリアに一段落つけて他の環境で働きたい、新卒で出来る限り公立、私立を問わす病院で働きたいと思っている人には、最近は情報が早いですから、問題なく仕事を紹介されることでしょう。

その紹介された仕事の中で、自分の希望にあった仕事を見つける事ができれば、転職を考え始める時期に来ているのかもしれません。また、一概に都立病院、病院勤務の薬剤師といっても、自分の自宅から離れたところよりは、通勤しやすい、立地が近い病院に勤めたほうがいいのは当然のことですから、もし仕事のオファーがきたとしても、どの病院からなのか、通勤は可能なのか、という事を下調べしておく必要があると思います。仕事のポストが空くのは、ある程度分かっている時もあるし、突然に空く事がある場合もありますから、まずは登録をして準備をしておくといいでしょう。

大学病院

薬剤師の求人は、いったいどこで募集しているのでしょうか。職場環境や給与の面で問題がある場合、転職を考える時期にきているのに、なかなかタイミングが掴めず、またはどのように転職活動をしたらいいのかということで、行動できず悩んでいる薬剤師さんも多いでしょう。

漠然と転職エージェントの事を知っていながら、登録するのは先延ばし、という感じで実際にまだまだ本腰を据えて転職活動をしていない方が多いのではないでしょうか。いまはどのような場所で、どれくらいの年収で、シフトで働いていますか。あなたくらいのキャリアや経験、年齢で、皆、どのくらいのお給料を貰っているのでしょうか。薬剤師として働いていていても、なかなか他の薬剤師の人の待遇や事情などは分からないですよね。

薬剤師の就職先としては、調剤薬局やドラッグストアが多いのですが、病院で勤務したい場合は、どういった病院で働くのかをまず考えることです。国公立病院、大学病院、私立病院など、その病院毎に待遇や給与なども違うでしょう。また働く環境として、いままでとまったく違う環境のなかでキャリアを始めないといけないとしたら、新しい環境に対するプレッシャーのほうが年収アップよりも上回ってしまう可能性もありますね。

大学病院は、主に国公立大学病院と私立大学病院に分別されると思います。そして薬剤師として病院内に勤めるとしても、国公立の大学病院と、私立病院では、大分その待遇に違いがあるので慎重に転職先と交渉をしたほうがいいでしょう。一般的には私立の病院のほうが待遇がいいですが、国公立の病院に入り、その福利厚生などを考慮すると一概にどちらがいいかもいえないし、待遇とか昇給の面でもどういった部分に重きをおくかで選択を迫られます。

大学病院への転職を考えている薬剤師さんは、まずはしっかりリサーチをしましょう。転職エージェントで病院に勤めるメリット、デメリットを聞きましょう。そして転職エージェントは登録は無料ですから、情報収集として、非公開求人へのアクセス権として考え登録、気になるサイトで大体の待遇や年収などをしっかりチェックし、転職への布石にしていただきたいと思います。転職はタイミングというのもあるし、条件のよい案件がでてくるまで慎重に待つ、という事も実際には必要です。とくに国公立病院と私立病院は、入職システムの違いや将来のプランなどを考え、自分によりマッチしているほうを選んだらいいのではないでしょうか。もしすでに大学病院で働いた経験のある薬剤師がいたら、どのような感じが職場環境をきいてみましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2018年度版更新中】 All Rights Reserved.