薬剤師転職のよくある質問

このページでは「薬剤師転職のよくある質問」について紹介します。

薬剤師のブランクからの復職事情は?

薬剤師は女性の占める割合が大きいため、結婚や出産を機にいったん職場を離れる人は多いです。そして子育てがひと段落したところで、職場復帰を検討する人も少なくありません。しかしここで問題になるのが、ブランクがある分自分の知識・スキルで今の仕事に通用するかどうかという点です。ブランクが長ければ長いほど、このようなジレンマを抱える人が多いといいます。もしブランクが復職の妨げになっているのなら、研修制度を積極的に利用することです。企業や自治体などで、ブランクのある薬剤師のための研修を行っていることがあります。自分で勉強するといっても限界がありますし、どこから手をつければいいのかわからないという人もいるでしょう。研修であれば、復職するにあたって重視すべきポイントを詳しく解説してくれます。

またブランクのある薬剤師が職場復帰するにあたって、ママさん薬剤師のたくさん在籍している職場に就職することも大事です。子どもを持っている人はお分かりでしょうが、子どもが急に熱を出した、病院に連れて行く必要が生じたということは往々にして起こりえます。この場合早退や遅刻、欠勤を予告なく行わないといけません。もし子供のいない薬剤師ばかりなら「あの人私たちに迷惑ばかりかけている」と思われ、肩身の狭い思いをするでしょう。しかしママさん薬剤師が多くいれば、自分も通ってきた道です。ですから突然の早退や欠勤でも事情を理解してくれます。また子育てと仕事の両立で悩んだ場合でも、先輩としていろいろなアドバイスを受けられるでしょう。

あと職場復帰をするにあたって転職先を探す場合、人間関係が良好かどうかも確認しておきましょう。ママさん薬剤師がいても、研修制度が充実していても、肝心の職場の人間関係がギクシャクしているとどうしてもその場になじめません。しかもブランクがある新入りは、もともと不利な立場に立たされているとも言えます。精神的な負担が大きくなって、仕事を続けられずに結局離職ということにもなりえます。

復職先を選ぶにあたって、どのような職場か説明会や見学会などを実施している職場があれば、積極的に参加することです。求人情報を見ているだけでは、薬剤師が働きやすい環境かどうかを知るのはなかなか難しいです。えてして職場の雰囲気に問題のある職場は、給料を良くするなど好条件をちらつかせ薬剤師を募集する傾向もあります。実際に職場を自分の目で見て、働きやすそうな環境かどうかチェックしましょう。

薬剤師が転職で円満退職するには?

薬剤師が転職するにあたって、新しい職場を見つけることと同じくらいに大事なこととして、今働いている職場を円満退職することです。薬剤師の世界は広いようで狭く、円満退職できずにトラブルを起こしてしまうと、それが新しい職場の人たちの耳に届いてしまうこともあり得ます。円満退職をするためにまずすべきことは、退職の意思を伝えることです。できるだけ早い段階で、直属の上司に伝えることが大事です。ここで決してやってはならないこととして、上司の前に同僚に話してしまうことです。もし同僚から上司の耳に届くと、上司の心証を害してうまく退職できなくなることも考えられます。上司に退職の意思を伝えたうえで、具体的に退職の日取りなどを決めていきましょう。

上司に話して退職することの了承を取り付けたのであれば、退職願を勤め先に提出しないといけません。退職願を書くにあたって、封筒並びに便箋は白のものを使用しましょう。罫線が入った便箋は問題ありませんが、模様の入っているものは使うべきではありません。書くペンですが、サインペンもしくはボールペンで黒以外の色は使用しないことです。封筒は表には「退職願」、裏にはどの薬局のどの支店に勤めているか、そして自分の名前を明記しましょう。

退職願の概要ですが、退職理由と退職日を明記して、自分の名前、そして薬局などの社長の名前を記載しましょう。退職理由は「一身上の都合により」で問題ありません。退職日はあらかじめ上司と話し合いの中で決められた日付を記入することです。自分の名前の下にはハンコを押すことです。朱肉を使った印鑑で押すのがマナーです。

退職願を作成して会社に提出したのであれば、今後は業務引き継ぎのスケジュールを決めていきましょう。皆さんが担当していた業務は、他の同僚の誰かが担当することになるでしょう。自分が辞めた後後任の薬剤師が仕事で困らないようにするにはどうすれば良いかを考えて、引き継ぎのやり方を考えましょう。できれば業務内容や資料などをデータとしてまとめておいて、辞める前に後任の薬剤師に渡しておきましょう。

退職するときには、健康保険証や社員証、白衣をはじめとする制服などを返却する必要があります。もし電車やバスで通勤していたのであれば、定期券は期限がまだ残っていても返還する必要があります。退職するときに逆に会社から受け取るものもあって、雇用保険の被保険者証や離職票などがあります。そして薬剤師ならではのものとして、免許証があります。薬剤師免許証や保険薬剤師登録票を預けている人もいるでしょうが、退職する時には返却を求めることです。これらは転職先でも必要になるものです。

薬剤師が扶養内で働くには?

薬剤師は他の職業と比較して、女性の割合の多い傾向が見られます。女性薬剤師の場合、結婚・出産により家事や子育てとの両立を考えないといけません。ここで問題になるのが、扶養内で勤務しなければならないかもしれないという点です。旦那さんが仕事をしている場合、生計を共にしている扶養する配偶者がいると配偶者控除といって、一部所得を控除し、節税できる制度があります。この他にも、夫の扶養に入っている場合、健康保険や介護保険、年金といった各種社会保険料も支払いの免除になります。しかしこの扶養控除ですが、配偶者がいれば無条件で適用されるものではありません。もし奥さんに一定以上の収入があると、配偶者控除の適用外になります。

配偶者控除の問題で、「103万円の壁」とか「130万円の壁」という言葉をよく耳にします。まず103万円の壁ですが、年収103万円を超える稼ぎがあると夫の扶養家族から離れます。結果旦那さんは配偶者控除の対象外になります。つまり節税効果がなくなって、より多くの税金を支払わないといけません。

もう一つの130万円の壁とは、社会保険料が関係しています。扶養の配偶者の場合、先ほども紹介したように社会保険料の支払いが免除になります。しかし配偶者の年収が130万円を超えると、配偶者も社会保険料を支払わないといけません。旦那さんの税負担が増えるだけでなく、奥さんも新たに支払い負担を強いられるわけです。このような2つの壁のはざまで、悩んでいる薬剤師の方も多いです。自分としてはガンガン仕事をしたいけれども、103万円とか130万円の壁のせいで、働きたくても働けないといったジレンマが生じます。

ちなみに2つの控除のメリットがなくなっても、金銭的にプラスになるかどうかの基準が年収160万円といわれています。160万円を超える年収が期待できるのであれば、配偶者控除なしでも結果的にプラスです。薬剤師であれば、長時間コンスタントに働ける環境にあれば、時給がかなり高いのでこの年収をクリアすることも十分可能でしょう。

この配偶者控除ですが、今後廃止されるのではないかといわれています。一部で「配偶者控除が女性の社会進出の弊害になっている!」とされ、女性も働きやすい社会にするための一環として制度廃止の動きが見られます。ちなみに2016年10月からは、社会保険加入の条件が先に紹介した年収130万円ではなく、106万円に引き下げられます。

薬剤師の履歴書の書き方は?

薬剤師における履歴書は、その人が、会社、あるいは病院に就職する際に必ず必要なものとなりますが、何より相手に自分を知ってもらうための必要不可欠なもので、言うなれば、履歴書は応募する方にとっての『顔』ともなり得るものなので、十分注意を払い記入していく必要があります。

もっといえば、履歴書を提出する方の第一印象までも左右するものとなりえるので、重要な書類とも言えるでしょう。 もちろん、履歴書から、面接担当者等は、その方に会いたいとか、ダメだとか感じ取るわけですから、就職における第一関門として、履歴書には、細心の注意を払い、自分に会いたいと感じてもらえる、病院または企業に欲しい人材と思わせるものを秘めた履歴書にする必要があります。

どんなに頭が良くても、能力があっても、実際履歴師が雑とか、いい加減なものであれば面接すら難しく、採用はもちろん難しくなってしまいます。 だからこそ、履歴書は、重要且つ大切なのです。 尚且つ薬剤師における就職状況は、最悪とは言わないにしろ、病院薬剤師等は新卒者の採用傾向にあるからこそ、転職等を考える場合、この履歴書から力を入れていく必要があります。

履歴書は、とにかく、あなたの顔であり、第一印象を左右するものと認識し、間違えがないように、また内容が薄い物とならないように仕上げていきましょう。

履歴書を作成するにあたり、応募する病院または、企業における特徴をまず十分に認識することは大切で、その特徴における部分に自分がいかに『共感』を覚えたか、また自分がどのようにそのチームの一員として『能力を活かせる』か、等というような内容を書いていく事も大切です。 もちろん、それに応じ、面接の際にも、そうした、企業又は病院における特徴等に関する事を質問されることとなりますから、何より、応募する場合における、その応募先の特徴をよく認識することは必ず、必要です。

内容的には、具体的な内容を記入する事がより効果的で、第一印象も、そうすることで、この応募者に会ってみたいと思わせることにもつながります。 履歴書は、その履歴書自体が、内容が薄いとやはり薬剤師の就職状況は、厳しい部分もありますし、自分がより上を目指す上での履歴書作成なら、いかに自分がそこで活躍できるか、その企業における即戦力になるか、という点もアピールできるものがよろしいかと思います。

出来れば履歴書は、内容が『薄くならない』を前提とし、空白があまり目立たないように作成する事がおススメ。 また企業、薬局、病院、いずれにしてもその応募する就業場所における特徴部分をキッチリ認識することは当たり前の事となります。

自分をうる事はもちろん大切ですが、うるだけでは、いけないのが履歴書なのです。

薬剤師の転職面接のポイントは?

薬剤師が転職できるかどうかは、面接試験の結果次第といえます。少し前までは4年制から6年制に薬学部が移行したことで、新卒の薬剤師がガクッと減少したため、応募すれば採用される公算が高かったです。しかし供給力がアップしたため、面接を受けて落とされる薬剤師も増えているといいます。面接に落ちないようにするためには、以下のポイントを意識することです。

まずは薬剤師の転職の面接でほぼ確実に質問される、退職理由に関する説明です。退職理由に関して面接官が質問すると、答えられない、あいまいな薬剤師の方が多いです。退職理由はどうしてもネガティブなものが多いですから、採用にあたってマイナスになってしまう、このように懸念する人が多いためです。退職理由を考えるにあたって、転職に対して前向きな理由を見つけることが大事です。「この部分のスキルアップをしたいから」とか「こんな仕事をしてみたいから」といった将来に目の向くような理由を考えてみれば、堂々と退職理由を口にできるはずです。

薬剤師の転職面接で意識しておきたいのは、自分という人材の売り込みの場であるという点です。つまり「自分を雇えば御社にこんなメリットがある」としっかり伝えることを意識しましょう。そのためには、面接を受ける会社の情報をしっかり頭に入れておくことです。会社のホームページや募集要項などをチェックして、どんな人材を求めているのか、その人材像に自分がいかにあてはまっているかをうまくアピールできれば、希望する職場に転職できる可能性はアップするでしょう。

薬剤師の方で面接試験にて落とされるパターンを見てみると、意外と面接官の話を聞いていないことが多いです。自分の話すことに一生懸命になってしまうあまり、相手の言っていることが筒抜けになるパターンは決して珍しいことではありません。皆さんも経験あるかもしれませんが、緊張しているときしっかり相手の話を聞いているつもりでも実際には頭にほとんど入っていないこともあるでしょう。また焦ってしまって、相手がまだ話し終わっていない段階で自分の話をしようとする薬剤師の方もいます。話し終わっていない所ではなし始めると、面接官は「我の強い人だな」と思いがちのようです。自分のことをアピールしたい気持ちもわかりますが、相手の話をきちんと聞いて、内容を反芻してから答えるくらいの心のゆとりを面接試験のときには持ちたいところです。そして答えるときには的確な回答を簡潔に話すように心がけることも大事です。

薬剤師の転職理由で多いものは?

薬剤師による転職の理由は、やはり仕事へのやりがいを求めるための転職が多いです。 もちろん中には、収入を上げたい、スキルを高めたいという目的により、転職を考えるわけですが、一番薬剤師の転職理由としては、やはり仕事へのやりがいやスキルを高める事を目的とした転職が理由としてよろしいのではないでしょうか。

転職を考えた時、まず転職をして本当に良いか、悪いかという点は、きちんと考えた上で結論を出す事がお勧めです。 またそれに伴い、転職をする『目的』はきちんと明確にする方が、迷いがなく転職を出来ることにつながります。 転職を考えても、実際はどうなのか自分自身わからないという転職は、失敗の転職を招くことにもなりかねないので、転職を考える時は、『本当に転職すべきか?』『目的は何か?』という点をきちんと考えてみる事が重要です。

転職をするにあたり、やはりタイミング、いつ転職をすればよいか、活動は?等色々とタイミングを考えていく事も重要ですから、その辺も含め慎重に行動をし、慎重に結論を出す事が大切です。 転職におけるタイミングについて、在職中に転職をするのか?退職後の転職なのか?ということも、じっくりと考え、結論を出していく事も重要です。

いずれにしても、転職は、やはり人生における重要なポイントでもありますから、安易な行動をせず、転職を考えたら、まずはなぜ転職を考えるのか?本当にすべきなのか?という点もきちんと考えて結論を出していきましょう。

もちろん、転職の意義、転職のタイミングを考えたら、自分が他の就業場所に行くことにより何をアピールできるのか?という点も重要な問題ですから、きちんとその辺を整理しておく事も大切です。

転職理由は、色々な事が考えられるとは思いますが、やはり退職をする場所へは、悪意のある理由を伝えることはタブーですし、転職先には、きちんとした目的における理由がなければ採用へは至らない。 つまり転職における、理由というものは、非常に重要で、本当に転職して成功できるか否かは、その理由や目的により決まると言っても過言ではないと思います。

曖昧が一番失敗の元となりますから、きちんと転職における目的、理由などをまずは明確にしていく事が肝心です。 また、転職を考えているが、なぜ?という理由や自分の目的がうまくまとめられないという場合は、薬剤師専門の転職支援サービスの力を借りる事で、コンサルタントが転職希望者のための、色々な提案をしてくれますし、アドバイスをしてくれることとなり、あなたの目的をまとめる、希望を見いだしてくれるサポートも行われていますから、『転職』を考えた場合は、まずは、薬剤師専門の転職支援サービスを利用し、今のご自身の希望を伝え、あなたの目的、希望は何であるかを再確認されてみてはいかがでしょうか。

薬剤師の転職の年齢制限は?

薬剤師の転職に関して年齢制限があるかどうかですが、具体的に「いくつまで」という明確なラインはないでしょう。しかし年齢が上になればなるほど、転職の条件は厳しくなる可能性は十分あります。まず薬剤師免許を持っている20代の若手の場合、それほど年齢がハンデとなることはありません。ただし20代で何度も転職をしている場合、職場に定着できない人材としてみる目は厳しくなると思うべきです。

30代はある程度キャリアも身に着いているでしょうから、即戦力としてほしいと考えるところは多いです。しかもまだ若いですから、雇う側の職場の仕事のやり方にも柔軟に対処してもらえる公算が高いです。特に30代前半は、転職するにはもってこいのタイミングといえます。もし薬剤師として転職を検討しているのであれば、30代半ばまでに活動を始めた方が選択肢の多い分、後悔のない転職のできる公算が高いでしょう。

40代に差し掛かってくると、男女間で転職のしやすさに差が出てくるといいます。実は薬剤師の場合、男性と比較すると女性の方が転職しやすい傾向があります。なぜなら男性の場合40代で経験豊富だと、それなりの役職や待遇で迎え入れないといけないという意識が雇用する側に働くからです。そうなると、それなりの給料を準備しなければならず、人件費が経営を圧縮するかもしれないとして会社が嫌がる可能性があるわけです。女性の場合、40代だと子育ての真っ最中という人もいるでしょう。そうなるとパートやアルバイトのような非正規雇用でも構わないと考える人も多いです。このため、雇う方もあまり人件費でナーバスになる必要はないとして、積極的に採用するところも出てきます。また40代の女性の中には、出産や育児を若いころにして、子育てがひと段落するタイミングかもしれません。職場復帰したいけれども、ブランクがあって心配という人のためにパートやアルバイトで受け入れる職場も多いです。

薬剤師はこのように、30代半ばになると転職は厳しくなります。しかし年齢制限といった、絶対にこの年齢以上はダメという厳しさもないでしょう。ただし50代になってくると、転職はさすがに難しくなります。2つネックになるポイントがあって、まずはそれなりの待遇で迎えないといけないため、人件費がかかってしまうからです。またすでに豊富な経験があることがもう一つ、50代以降の転職を難しくする要因です。これまでのやり方が染みついているので、職場になじみにくいという問題があるのです。

薬剤師の配置基準とは?

薬剤師の配置基準というものは、薬剤師が勤務する就業場所により異なります。

つまり、薬局なのか、病院なのかという薬剤師が働く場所によって、その基準が異なるという事。 例えば、薬剤師の方が、調剤薬局へ勤める場合、薬剤師さんひとりが取り扱う処方箋の枚数が決められていますから、病院の近くに位置する調剤薬局などでは、多くの場合、1日における取扱の枚数に見合った薬剤師の配置ということになります。

例えば、病院における薬剤師の配置基準問題に関して、『入院患者数等を考慮した基準に見直す』ということが、提言され薬剤師における人員配置基準の見直しを検討した結果、改正された後は、暫定的に外来患者、つまり処方箋75枚につき、薬剤師1名、入院または外来患者70名につき1名、この他、療養病床または、老人病床に入院される患者さん150名につき薬剤師1名等と改正されました。

基本的に、配置基準というものは、患者さんの利益を保護する、また良質であり、適切な医療を効率的に提供するためのものであり、その医療における安心、安全、信頼のできる医療サービスの提供が、そもそもの配置基準目的となります。 また配置基準とは、病院または薬局おける薬剤師の員数を示し、その員数は処方の枚数に○人という形で医療法施行規制により定められているものです。

しかしながら、昨今、医療事故が多発する中、その原因は、多くが薬剤であるという事は事実で、この事実により伺いしれるように、薬剤師おける事故が多発しているなら、今の配置基準では、間にあわないのでは?という声も大きい中、改正については、難しい問題ですが、薬剤師という存在が、病棟に関与する事で、そのような薬剤の事故は減るという事は考えられます。

しかし、実際のところ、配置基準として、病院薬剤師の場合は、薬剤師一人に対し、入院患者70人ということで、その見直しを訴える声はあるにしろ、今の段階では改正されていない状況です。 つまり、薬剤師における配置基準は、現段階では厳しい状況と言え、薬剤師が関与できる患者さんは一握りという状態のようです。

理想的な配置基準として考えられるのが、やはり1病棟につき、薬剤師1人ということで、人数的には、40人程度の薬剤師が1人というのが、理想的な薬剤師における配置基準と言われています。 ただ、基本的に法的な配置基準がない場合においても、例えば、病院に薬剤師が必要とされれば、人員の配置は考えられるという事になりますが、それには、薬剤師の存在価値を今以上、高めていく必要があるという事なのです。

薬剤師の派遣は多い?

薬剤師における働き方には、色々な働き方が存在します。

例えば、正社員での薬剤師業務ももちろん、ありますが、パート、アルバイトとしての薬剤師業務から、派遣薬剤師として働くというかたちも選択できます。 つまり、薬剤師の資格をお持ちであれば、どのような形の働き方もできるということで、自分の働きたいようなスタイルで薬剤師業務を行う事が可能だという事なのです。

女性は結婚し、出産をしますが、多くが、資格があると、育児がひと段落すれば、その資格をまた、活かしたいと考える方も多く、復職を考える。 そんな時こそ、薬剤師におけるパート求人や、アルバイト求人、派遣薬剤師等がおススメで、ご自身の生活スタイルを変えることなく、有意義な日々を送ることにつながります。

何より派遣薬剤師として働くという場合やパートで働くという事は、自分自身の生活スタイルを変えることなく、空いた時間を有効に使えることにつながります。 もし、今ようやく育児がひと段落して、また薬剤師として働きたい、自分の都合に合わせて働きたいと考えている方は、派遣薬剤師、アルバイト薬剤師としての働き方がお勧めです。

何しろ、派遣薬剤師としての働き方を選ぶなら、断然メリットも大きく、賃金も高い。 やはり薬剤師という存在は、例え派遣やバイト薬剤師といえども、医療に関わる現場では必要な存在ですから、賃金が断然高く、何より派遣にて働く事で、より高収入が期待できるという事が考えられます。 多くの派遣薬剤師の時給平均は、およそ2000円と言われていますから、育児の合間に、自分の空いた時間を有効に使う仕事としては最適です。

また派遣薬剤師として働く場合、派遣薬剤師に求められるのは、即戦力なのですが、それが派遣会社を通す事で、求職者自体の信用度も高まる事につながります。 だからこそ、時給を高く、賃金を高く保ち、派遣薬剤師としての仕事ができます。 尚且つ派遣会社で、派遣薬剤師としての仕事を探すなら、労使交渉等も派遣会社が行ってくれますから、職場でのあらゆる問題を派遣会社が解決してくれる安心感も得られます。

薬剤師という資格をお持ちになる事で、このように、正社員から、バイト、パート、派遣社員と自分の目的、希望に合わせた働き方ができますし、自分の希望通りの条件通り働ける事も多いですが、何より派遣薬剤師として働きたい場合は、やはりその派遣薬剤師職を探すべく、薬剤師の転職、就職を専門に扱う、転職支援サービスのご利用を検討し信頼のおけるコンサルタントのサポートにより成功の派遣薬剤師職を見つける事がお勧めです。

薬剤師の子育て(仕事との両立)は難しい?

薬剤師は女性も多く占めるため、結婚・出産を経て、家事や子育てとの両立で悩む人も多いです。ママさん薬剤師が仕事をする時に大事なことは、家事や子育てを優先すべきということです。特に小さな子供のいる場合には、親なしでは生活できないことを頭に入れることです。また小さなときに親の愛情をしっかり受けられるかどうかも、今後の健全な子供の成長に影響を及ぼします。子育てに影響のない範囲で、無理なく仕事をしましょう。

調剤薬局やドラッグストアの中には、パートやアルバイトで採用してくれる所も結構あります。パートタイマーの場合、短時間勤務も認めている場合が多いです。例えば週3日だけシフトに入れるとか、午前中だけ仕事をするといった感じです。このような短時間勤務であれば、それほど子育てとの両立も難しくないでしょう。

一般的な傾向として、調剤薬局よりも企業で勤務をした方が子育てに合わせてフレキシブルに仕事のできることが多いです。調剤薬局の場合、ぎりぎりのスタッフ人員で仕事をしている場合が多いです。このため、自分の思い通りにシフトの設定ができない、子どもが急病にかかってもなかなか休めないことが多いです。しかし大人数が勤務している企業であれば、子どもの急病などで自分が抜けてもほかがカバーしてくれます。大企業になると、子育てをしながら勤務している薬剤師も多いため、子どものために仕事を抜けても理解度が高いです。

企業の場合、育児短時間勤務制度を採用している所が多いです。育児短時間勤務制度とは、3歳未満の子供のいる薬剤師を対象にした制度です。通常1日8時間勤務であることが多いですが、これを5時間45分から6時間勤務に短縮できます。法制度なので原則どの企業も守らないといけないのですが、人材の不足している所が使いたくても使えなくなっているケースも多いです。大企業であれば、育児短時間勤務制度を積極的に運用しているので、無理なく勤務できるでしょう。

調剤薬局で仕事をするのであれば、眼科や整形外科の門前薬局に勤務するのがオススメです。眼下や整形外科の場合、調剤する薬もそれほど多くはないですし、患者も決して多くありません。しかし耳鼻咽喉科や内科だと、ノロウィルスやインフルエンザの流行した時期は多くの患者が殺到して、さながら戦場のような感じになります。激務になると、なかなか休日も取りにくいでしょうし、シフトも思い通りに設定できないでしょう。このように無理なく子育てと両立する方法は、少し工夫をすればいろいろと考えられます。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬剤師紹介会社おすすめランキング【※2019年度版更新中】 All Rights Reserved.