ドラッグストアの薬剤師求人

ドラッグストアの薬剤師求人

薬剤師の求人にドラックストアがあります。ドラックストアの薬剤師には調剤業務はありません。主に市販薬や医学部外品、サプリメント、健康食品となどの販売になります。市販薬を販売する事をOTC販売と言います。

ドラックストアにも薬剤師は必要になります。市販薬でも薬を売るという際には、薬事法で必ず薬剤師を配置する事が決まっているのです。ただこれからは、登録者であれば薬剤師なしに販売できる薬も出てくるという法律もできています。もしかするとドラックストアでのOTC販売のみの薬剤師の募集は減ってくるかもしれません。

ドラックストアなどで、白衣を着ている人がいますが、その人がOTC販売の薬剤師です。例えば、ドラックストアに来たお客さんが、「頭が痛いのですが、どの市販薬がいいのでしょうか?」と聞いてきた時に、その薬をお勧めするという役割になります。例えば、「頭が痛いけど、胃が弱いので胃に優しいものがいい。」などの質問された時にすぐにお勧めできる薬の知識が必要だからです。もちろん、市販薬に書かれている成分についても詳しくなければなりません。これは国家試験に合格している薬剤師の人であれば、問題なくできるでしょう。サプリメントのお勧めができるのも薬剤師の役割です。ドラックストアに就職するためにサプリメントアドバイザーの資格をとる人もいます。

実際にはドラックストアのOTC販売だけでは、普段の事務や品出しや仕入れ、掃除などほとんど店員さんと変わらない仕事をすることが多いです。

しかしコミュニケーション能力を発揮して、お客さんの健康をアシストできるというやりがいを感じる仕事になるでしょう。花粉症の流行る季節や風邪が流行る季節など、そういったニーズを考えて仕入れをするなど、常にアンテナを張っておく必要があります。

OTC販売だけの求人は多くが40代以上の人が多く働いていると言います。調剤薬局などで働くのには自信がない、就職が難しいといった人が多いのかもしれません。また、ドラックストアに就職する人の多くは、店長クラスまで行くことを見込んで就職する人が多いです。ドラックストアの薬剤師の人は、一般企業と同じくらいのお給料ですが、店長クラスまでいけば年収700万前後くらいまでもらえるようになるからです。勤務時間の長いドラックストアもありますが、シフト制を取り入れている店舗であれば、自分の自由な時間を取りながら働ける場でもあります。もちろんドラックストアに就職した時に、調剤業務がなくても薬剤師としてならば、薬剤師手当ももらえます。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.