土日休みの薬剤師求人

土日休みの薬剤師求人

土日が休みの職場といえば、一般企業の事務職をイメージします。「9時5時・土日祭日休」が浸透している現在、「9時5時・土日祭日休」の勤務は当たり前で、その他はイレギュラーと考えている人も多いと思われます。しかし、人命に関わる業務が中心の医療の最先端では、「365日、年中無休」の体制が取られています。むしろ「9時5時・土日祭日休」のほうが、医療の最先端では珍しいといえそうです。さらに、薬剤師に特化していえば、医療系の資格者には珍しく「9時5時・土日祭日休」の体制が比較的多いようですが、病院や入院施設を持つ診療所などへの勤務の場合は当直があります。

薬事法などの改正から、薬剤師の仕事の内容は多彩になり進出分野も多岐にわたってきました。なかでも調剤薬局やドラッグストアへの進出は際立っています。他の一般店舗と同様、いずれも店舗経営の一環にある業態になり、完全な「9時5時・土日祭日休」は望めません。しかし、医療現場に働く看護師や、薬剤師でも夜勤のある病院勤務に比較すると休日は多くなっています。

ところが、調剤薬局が地域の医療の一端を担う役割を持つようになった現在、24時間体制の店舗はまだ少ないようですが、緊急連絡先を店内に掲げるなど、要求に応じた対応の姿勢を見せ始めています。薬剤師常駐の薬局は、近い将来、地域の医療を支える臨床薬局としての展望が見えるからです。

しかし、そうなるには多くの課題が残されています。地域の薬局には、「お父ちゃんお母ちゃん」が働く一家ぐるみの店舗経営が多いため、時代の波に乗りきれないという理由があります。また、子供が薬剤師になって家業を継ぐ場合は問題ないようですが、後継者の問題を多くの薬局は抱えているからです。「地域の医療の一端を担い」、「予防医学の観点から栄養医学にまで言及する」という広大な薬事展望では、その実現までにまだまだ問題が山積しているのです。

一方、首都圏の大手ドラッグストアでは「年中無休、24時間体制」を早々と実施する店舗も現れました。ドラッグストアであっても、薬剤師を置き調剤することが出来れば薬局となります。病気や怪我はいつ起きるかわかりません。加えて医療業界は「医薬分離」と「予防医学」の方向に進んでいます。ドラッグストアが「年中無休、24時間体制」を導入してきているのも、薬剤師という資格を取りまく、時代の波に対する「生き残り作戦」かもしれません。いずれにせよ、現在のスタイルで薬局が地域医療の一端を担うには、人的構成・質的構成に無理が生じるのは否めません。薬局を取りまく環境はもうひと揺れの改革が望まれます。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.