定年後歓迎の薬剤師求人

定年後歓迎の薬剤師求人

薬剤師は、国家資格保持者しかできない仕事です。また、昨今薬剤師の人手不足が深刻化していることもあり、定年退職後の再就職を歓迎する求人情報も見受けられます。

薬剤師が勤務する主な施設のうち、特に定年後の人材を歓迎しているのは調剤薬局です。薬剤師の求人数の中で定年歓迎の求人の割合は決して多くありませんが、その中でも特に多いのが調剤薬局の求人なのです。特に調剤薬局勤務経験者なら即戦力として採用される可能性がありますので、まずは調剤薬局求人を探してみるとよいでしょう。その他ドラッグストアなどでも定年歓迎の求人が見つけられない訳ではありませんが、調剤薬局に比べると数は減る傾向にあります。

定年後の薬剤師が再就職する場合には、いくつかの注意点があります。定年までに調剤薬局での勤務経験があれば問題ありませんが、未経験の場合には採用されてもそこから仕事を学ぶ必要があります。おそらく、職場の人間は全員年齢が自分より若いですが、そこは謙虚な気持ちで学びましょう。また、給料や待遇面に関しては、通常であればそれまでの経験やスキルを元に計算されますが、定年後の採用の場合はそうとも限りません。しかし、年収が下がってしまってもそもそも定年後の高齢で雇用してもらっているという点を考え、受け止めることが必要になります。ですから、もし定年歓迎の求人を見つけた場合は、あまりあれこれ条件をこちらから主張しすぎるのは避けましょう。

それよりも、これまでの自身の実績やスキル、持っている資格や過去の職歴などをアピールし、現在も問題なく仕事をこなすことができるという事を伝えます。それでも、場合によってはフルタイムでの雇用ではなく、週3日の数時間程度というところからのスタートになるかもしれませんが、まずは相手の条件を飲んで、問題なく仕事ができるところを現場でアピールするのも良いでしょう。

薬剤師として定年後も働くことを想定しているのであれば、定年前から計画を練るのもひとつの方法です。年齢が上がればそれだけ求人も少なくなりますし、給料や待遇も悪くなっていく一方です。ですから、定年になった時点で新たに求人を見つけるよりも、現役の間に定年後も働くことができる施設を見つけることで、好条件の待遇や給与を維持できたり、わずかな条件変更のみで勤続することが可能になる場合があります。そろそろ定年が近付いてきた方は、将来の働き方についても考え、場合によっては転職の手段も考えておくとよいでしょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.