学術の薬剤師求人

学術の薬剤師求人

薬剤師求人は一般職と違い資格が必要で、尚且つ需要が高い為ある程度希望する条件を選ぶ事ができます。しかし、薬剤師の中でも学術薬剤師は特に難易度が高い業種のひとつです。主な業務がデスクワークとなるので、ドラッグストアや調剤薬局のような接客が苦手な方には向いていると言えます。

学術薬剤師は、主に製薬会社などで自社または他社の医薬品について調べるお仕事です。医薬品の副作用や詳しい情報を収集してまとめ、医師やMR(医薬情報担当者)へその内容を共有します。時には、直接医師や薬剤師から医薬品の効能や副作用などについての問い合わせがありますので、それに対応するのも学術薬剤師のお仕事です。一般的な薬剤師と比べて、かなり専門的な知識とコミュニケーションスキルが重要となります。医師等からの問い合わせに対応する為、論文や資料から内容を読み取らなくてはならない場合もありますので、情報収集能力や英語力が必要な場面もあります。

そんな高いスキルが要求される学術薬剤師ですが、その年収や待遇はどのようになっているのでしょうか。やはり高いスキルをもつ学術薬剤師なのでかなり高収入かと思われがちですが、実際にはそれほど高収入でもありません。ドラッグストア勤務の薬剤師の方が年収が高い場合があるほどです。ですから、収入のことだけを考えるのなら、学術薬剤師は職に就く為の難易度も高いのであまりおすすめとは言えません。しかし、その他の待遇については薬剤師の中でも良い方です。例えば休みに関してはしっかりとることができますし残業も少ない方です。また、福利厚生についてもしっかりしているところが多く、小さなお子さんがいる場合には託児施設が設置されているところもありますので、家庭と両立して仕事がしやすい環境が整っています。

このように、採用されるには難易度が高い学術薬剤師ですが、収入面よりも待遇やスキルアップを求めるのなら最適な環境と言えます。学術薬剤師として採用される為には薬剤師の資格はもちろんですが、仕事上で必要なパソコン操作のスキル、海外の問い合わせ対応や英語論文・資料解読の為の英語力(TOEIC 700点程度)、そして医薬品の知識向上に対する意欲が必要不可欠です。また、接客ではありませんが、社内外の医療関係者とのコミュニケーション能力も必要であることは忘れてはいけません。求人数自体が少ない学術薬剤師ですが、やりがいを求めるのなら最適な職場と言えるでしょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.