年120日以上休日がとれる薬剤師求人

年120日以上休日がとれる薬剤師求人

年120日以上の休日がとれる薬剤師求人を探す人が増えています。というのも、結婚などの機会に家庭への時間を多くとりたい、より長く落ち着いて仕事を続けたい、といった理由で、自分らしく仕事を楽しめるように、休日を大切にする人が多いからです。

年120日以上の休日がとれるというと、週休二日プラス少しの休みを入れられる職場ということになります。一見高い条件に見えますが、薬剤師求人では他の業界よりも多く見られるので、希望条件を見つけられる可能性は高くなります。職種も様々な分野に亘っており、病院やクリニック勤務、調剤薬局、ドラッグストアと選択の幅は広くあります。

全体的に多く薬剤師求人があるのが、調剤薬局です。小規模の薬局ではあまりありませんが、中規模からのところであれば、3、4人以上でシフトを回しているので、比較的休日についても融通が利き、年120日以上という条件で応募をしているところも多く見られます。たいていはある程度決まった病院の処方箋を取り扱うことが多くなるので、特定の科の処方に強い人を積極的に採用することがあります。そのため、募集内容をしっかり把握して、履歴書への記入や面接の際には、求められている分野についてのスキルをしっかりとアピールすることが肝心です。

また、ゆとりのある休日取得制度を設けている企業は、その他の支援制度も充実していることが多いので、薬剤師求人を見る時の一つのポイントともなります。育児支援として託児施設を併設していたり、産休・育休の取得に積極的であったりします。また、ゆとりを持って仕事をして、落ち着いて長く仕事を続けてほしいという希望が企業側にあるため、概して職場内の雰囲気も和やかなのもメリットと言えます。就職活動の際には、長期に亘っての勤務が希望である、と明確に伝えるなら、会社側の意向にあったポイントを突いた自己PRになるでしょう。

大手ドラッグストアでも、年120日以上の休日がとれる、という条件で薬剤師求人を出すことが比較的多くあります。その際には、営業時間と残業の有無についてしっかり確認することが大事です。というのも、繁華街などのドラッグストアでは早朝勤務や深夜勤務があることが多いからです。ですから、休日の日数だけに目を奪われないで、希望の条件かどうかを総合的に判断することが上手な職場探しにつながるでしょう。このように、自分の望む条件に適っているかを、求人情報をしっかりと見て、自分らしく長く働ける職場を見つけましょう。

薬剤師紹介サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師紹介サイトの2位以下をチェックする!



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師紹介会社ランキング All Rights Reserved.